広告特集 企画・制作
朝日新聞社デジタルソリューション部

#これからの育休 男性育休を、あたりまえに。

知っていますか?男性の育休取得率は約12.65%。
言い出しにくい、抜けられない、周りが取っていない。
そこには、見えない大きな壁が立ちはだかっています。

しかし、2022年4月、育休にまつわる様々なルールが改正。
育児の文化を変えるベストタイミングではないでしょうか。
ただ、ルールを変えただけでは、世の中は変わりません。
家族、企業、社会が一体となって、壁を打ち破る必要があります。

一番大切なものをいつだって間違えない大人であるために。
男性育休があたりまえの時代を、いっしょにつくりませんか。

#これからの育休を考える記事をお届けします

法律で会社員だろうと公務員だろうと育児休業は取っていいと決まっています。
でも、風潮、雰囲気がある……。

1年以上もキャリアに『ブランク』をあけることは、男女とわず誰もが不安。これまでは、その不安を女性が背負ってきた面がある。

誰でも当たり前に、ジェンダー関係なく育児に携われるような世の中になってほしい。

知っていましたか?育休の現状

1.男性の育休取得率は12.65%

育児休業の取得率

女性81.6%

男性12.65%

参照:厚生労働省「令和2年度雇用均等基本調査」

2.男性の育休取得は2週間未満が7割超

育児休業の取得期間

参照:厚生労働省「平成30年度雇用均等基本調査」

2022年4月1日以降、育休法が変わります。

  1. 取得環境が整備される
    育休が取りやすいよう雇用環境が整備される
  2. 個別の周知・意思確認が義務になる
    ママパパ問わず妊娠・出産を申し出ると、
    個別で育休に関する情報提供・育休取得意向の確認がされる
  3. パパも“産休”が取れる
    ママの出産・退院に合わせて休業できる
  4. 分けて取れる・長く取れる
    産休も育休も2回に分けて取れる
    1歳以降の延長も可能で、保育園やママの復職時期に合わせて休業できる
  5. 休業中にも働ける
    育休中に心配なお金の問題も、休業中に働けることで安心できる

詳しくはこちらからご確認いただけます。
参照:厚生労働省「育児・介護休業法 改正ポイントのご案内」令和3年11月改訂

家族、企業、社会が一体となって、
育休のあたりまえを変えよう。​

  • 家族
    準備しよう。
    気持ちも、時間も
    パパになるために準備を
  • 企業
    呼びかけよう。
    「育休いってらっしゃい!」
    育休を取得する人を気持ちよく
    送り出す制度・意識づくりを
  • 社会
    みんなで話そう。
    男性育休について考えることは、
    暮らしやすい社会につながる

#これからの育休を応援しています。