メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月13日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

企画制作:朝日新聞社メディアビジネス局 広告特集

PR : キリンビール株式会社

発売以来、絶好調! 「キリン 麹レモンサワー」のおいしさの理由に迫る

レモンと麹(こうじ)の組み合わせが今、脚光を浴びている。話題の中心になっているのは、この4月で発売されて半年を迎える『キリン 麹レモンサワー』。発酵素材の「麹」でレモン本来のうまみをしっかりと引き出し、今までにないおいしさが人気となった。キリンビールが当初予測していた年間販売目標の3倍近い売り上げを達成し、その後も好調が続いている。担当者においしさの秘密を聞いてみた。

  • ※2020年10-12月出荷実績

目標を上回る販売ペース、SNSでも「おいしい!」と好評

『麹レモンサワー』は、皮ごと搾ったレモンの爽やかなおいしさを、うまみ成分(アミノ酸や他の代謝物)を持つ麹が引き立てた、すっきりとした味わいのレモンサワー。キリンビールのRTD(栓を開けてそのまま飲める飲料)として、初めて麹※1を使用している。

2020年10月に発売されると、わずか2週間で年間販売目標を達成した。目標を2度も上方修正し、当初の目標の2.9倍となる販売数量を達成した(2020年10~12月出荷実績)。

その勢いは2021年も衰える気配がない。年間販売数量を200万ケース(250ml換算)で見込んでおり、過去に同社が新たに立ち上げたRTDのブランドの中でも、驚異的なペースを維持している。

その好調ぶりを裏付けるのが、SNSなどにおける消費者の反応だ。味わいに関してもポジティブな投稿が多く、情報感度の高い層にも支持されていることがわかる。

缶と食事の写真を一緒にアップした投稿も、『麹レモンサワー』ならではの特長だ。「すっきりしてて食事に合う」「麹とレモンサワーの組み合わせが和食に合います」など、食事のお供に飲まれることの多いのがわかる。

「麹×レモン」で、角の取れた丸い豊かな味わいに

「『麹レモンサワー』の手間ひまかけて丁寧につくった“品質感”や“素材感”は、購入理由につながりました。さらに、レモンサワーを中心としたRTDユーザーのみならず、これまでRTDを飲用していなかったお客様に多数トライアルをいただいたことは想定以上でした」

そう語るのは、キリンビールのマーケティング部で『麹レモンサワー』などの戦略を担当している田中寛人氏。好調の要因の一つには、缶のレモンサワーを今まで飲んだことのなかった層にアピールできたこともあるようだ。その意味では、従来のレモンサワーにないインパクトを与え、RTDの新たな市場を切り開いたとも言える。

同社が開発前に行った調査によると、RTDに期待されることとして「手間ひまかけてつくられたもの」や「素材の良さを楽しめること」が多く挙げられていた。缶のレモンサワーなどにも、“素材感”や“品質感”が求められている認識があったという。

そのようなニーズを踏まえ、レモンサワー市場に新たな価値をもたらす素材として、同社がクローズアップしたのが、発酵素材である「麹」だった。

「近年、甘酒や塩麹など発酵食品に注目が集まっています。当社が実施した調査では、コロナ禍の経験により『日本の伝統的な発酵食品を意識して食べている』と答える人が約5割を占めるなど、発酵食品への信頼感が高まっていることが分かりました。そこで、日本の伝統的な発酵素材である麹でレモンのうまみを引き出した良質なレモンサワーを開発することにしました」

当然ではあるが、単にレモンと麹※1をプラスしただけでは、飲んだ人の支持にはつながらない。田中氏が「発酵素材である麹がレモンのうまみを引き出し、角の取れたまあるい豊かな味になります」と語るように、両者の掛け合わせによる相乗効果と、同社が培ってきた発酵・醸造の技術によって、『麹レモンサワー』は果実のうまみが際立つ爽やかな味わいへと仕上がった。

和食との相性も良く、料理の味を引き立てる

成長著しいレモンサワー市場にあって、麹※1という伝統的な素材を用いた『麹レモンサワー』は、他にはない独自の存在感を示している。

さまざまなレモンサワー商品から何を選ぶかについて、「キリンはお客様のさまざまなニーズに応えるべく、たくさんの種類のRTDをご用意しています。たとえば、爽快なおいしさを求めるお客様、飲みごたえを求めるお客様、果汁好きのお客様がそれぞれ楽しめるブランドがあり、我々のラインナップからシーンや気分に合わせて選んでいただけるとありがたいです」と田中氏は説明する。その中で『麹レモンサワー』の個性は、素材感や品質感を求める人たちに向けて、麹※1を使って手間ひまかけて丁寧にうまみを引き立たせた点にある。

もう一つの『麹レモンサワー』の個性は、食事に合わせやすいことだ。同社では食事と一緒に試飲を行いながら味覚開発を行っており、それがSNS等での高い評価につながった。

「食事全般に合いますが、特に和食を中心としたうまみのある食事によく合うので、鮭おにぎりやだし巻き卵など、和の料理とぜひ一緒に召し上がっていただきたいと思います。実際に自宅で食事やおつまみと一緒に楽しんでいただいている方が多いようです」

『麹レモンサワー』に用いられている麹は、もちろん米麹※1。刺し身や煮物、ご飯ものなどとの相性も抜群だ。角のとれた丸い味わいが、古今東西を問わず料理の味を引き立ててくれるだろう。

  • ※1 米麹抽出物使用

ツイッターでキャンペーンも実施

麹でレモンのうまみを際立たせるという、レモンサワーの新たな境地をひらいた『麹レモンサワー』。爽やかな味わいはそのままでも飲みやすいし、料理と合わせてもおいしい。缶のレモンサワーは飲まず嫌いだったという人にも、ぜひ試してほしいところだ。

また、キリンビールでは、ツイッターで「麹レモンサワーのおいしさ」を投稿した人に、350mlの商品6缶を抽選で200名にプレゼントするキャンペーンを実施している。応募対象は4月12日12時00分から4月30日23時59分までのツイートで、「#レモンに麹で特別なおいしい」「#麹レモンサワー」の2つのハッシュタグをつけて応募することが条件となる。

  • (※)当選された方には、キリンビールからDMにてお知らせします。応募の際には、DMを受信できる設定にしてくださいますようお願いします。
のんだあとはリサイクル。