2019 11. 18

SHIBUYA ABEMAS

最もにぎやか!なチーム


「夢の舞台」を率いたい

渋谷ABEMAS
多井隆晴さん 白鳥翔さん
松本吉弘さん 日向藍子さん
(画像左→右)

渋谷ABEMASのクラブオーナーはサイバーエージェント。もともと同社の藤田晋社長がMリーグを構想し、自ら経営する会社の参入も決めた。渋谷は同社が本社を構える街だ。麻雀に詳しく、自身も強い打ち手である藤田社長が監督を務めることも、注目を集める要素になっている。

選手は、初年度のMリーグでレギュラーシーズンMVPを獲得し、熱烈なファンが多い多井隆晴、慶応大時代にプロデビューし若くして活躍、個性的な髪形も魅力の白鳥翔。「卓上のヒットマン」とも呼ばれる最年少(※)Mリーガーの松本吉弘、2019年に新規加入し、麻雀のユーチューバーとしても活躍する1児の母親、日向藍子の4人だ。

※初年度は松本吉弘選手が最年少。2019シーズンでは、岡田紗佳選手(KADOKAWAサクラナイツ)がリーグ最年少。

麻雀は「自分を映す鏡」


子どもの憧れの存在目指す

——Mリーグという新しい舞台に、どのような印象を持ちましたか。

多井 端的に言えば「夢の舞台」です。とくにパブリックビューイングの熱気はすごい。たくさんの声援を直接いただくことによって、昔から憧れていたプロ野球選手やプロレスラーなどのヒーローのような気分になりました。嬉しさとともに、責任感も強くなりました。

白鳥 プロになってから10年以上、強さだけを追求してきましたが、こんな風にたくさんの方に見ていただく機会は初めてです。社会的な責任が強くなったというか、「見ていただく立場」を意識するようになりましたね。

松本 僕は幼い頃から、「何になりたい」という思いが得にありませんでした。だからこそ、将来何になりたいかわからない子どもたちの目標になれたらいいな、と思える場所です。自分の一挙手一投足で、観客の気持ちを動かすことができるのがスポーツであり、Mリーグはそういう場所なんだと実感しています。

日向 昨年、Mリーグのパブリックビューイング会場の司会を務め、応援してくださっている皆さんの熱狂を一番近くで見ていました。私もプロの1人として、選手が羨ましくなり、「あの舞台に立って戦ってみたい」「私も同じぐらいの熱をみんなに届けたい」と思うようになりました。

——チームの特長や見て欲しいポイントを教えてください。

多井 藤田晋チェアマンが監督を務めるチームだからこそ、中心チームでなければいけないし、私たち選手もそういう意識を持っています。そのためにも、麻雀以外の仕事や日常生活でも、模範となりたいと思っています。

白鳥 麻雀をあまり知らない方が最初に気になるのは、表情も含めて「見た目」だと思います。まずは見た目で興味を持っていただけないと、麻雀自体も見てもらえません。麻雀以外でも、魅力ある部分を出せるのが渋谷ABEMASのチームカラーですね。

松本 8チーム中で、いちばんにぎやかなチームです。これまで麻雀では個人競技の体験しかなかったのですが、チーム戦では、仲間が負けた時は自分の時より悔しいし、喜びはみんなで分かち合えます。その点もMリーグの魅力のひとつです。

日向 渋谷ABEMASは、とくに女性ファンに人気が高いんです。3人の男性陣が独身ということもあって、イベントでも多くの女性が来てくださいますし、白鳥さんはちびっこにも人気があります。子どもからも、将来の夢として憧れられるような、魅力あるチームだと思っています。

——麻雀を通じて身についたことはありますか?

多井 麻雀は本当に人間性が出るゲームです。麻雀をすれば人となりがわかりますよ。それぐらい、自分を映す鏡のようなものなんです。僕はすごくワガママで自分勝手な人間だったのですが、本当に丸くなりました。何があっても、怒ることもなくなりましたね。

白鳥 麻雀は、やればやるほど理不尽なことが連続しますが、それが日常生活にも生きていると思う時はありますね。なにごとも客観視できるようになり、第三者的な視点で見られる。人間的に成長できるゲームなのかな、と漠然と思っています。

松本 相手の気持ちを想像しながら麻雀を打つことで、思考が鍛えられ、物事を俯瞰できるようになったのが一番の成長だと思います。

日向 コミュニケーション能力が磨けます。我慢も覚えられますし、役を完成させてあがった達成感も味わえますし、数字にも強くなる。麻雀を1日やるだけでも、いろんな能力が一気に上がると思っています。娘は今生後6カ月ですけど、小学校に入る前から麻雀を教えて、彼氏を連れてきたら、まずは卓を囲もうかなと思っています。

——これから麻雀を始めてみたい方にメッセージをお願いします。

多井 初心者の方は、まずは1回Mリーグを見ていただくと、麻雀が強くなると思います。19時から放送していますので、夜の過ごし方として、野球やサッカーなどのスポーツを見るのと同様、「Mリーグを見る」という選択肢も加えていただくと嬉しいですね。

白鳥 選手たちが麻雀というゲーム、頭脳スポーツにどれだけ命を賭けてやっているのかを見ていただければありがたいです。そうすれば、自然に感情移入もしてもらえると思ってプレーしています。

松本 麻雀は、あまりルールを知らなくても、本当にワクワクとドキドキ、興奮と感動を感じていただける競技だと思っていますので、ぜひ一度見てください。

日向 Mリーグの8チームは、それぞれに個性が強いです。打ち方もそれぞれ違うので、自分の好きなスタイルを見つけられたら、応援するチームも見つけやすいと思います。その中で、少年誌のヒーローに憧れるような、王道が好きな方にオススメなのは、渋谷ABEMASです!

社内パブリックビューイング

大阪ファンミーティング

日向選手の誕生日祝い

こども向け麻雀教室

(文・福山純生)

●Twitterアカウント

渋谷ABEMAS(シブヤアベマズ)
@shibuya_abemas


●【公式】渋谷ABEMAS

https://m-league.jp/teams/abemas/


●Mリーグ 渋谷ABEMASオフィシャルサポーター

https://m-league.jp/supporter/

SHARE

SHARE