赤坂ドリブンズ

AKASAKA DRIVENS


2018年大和証券Mリーグチャンピオン。園田賢、村上淳、鈴木たろうという才能あふれる3人が、豊富な練習量と研究量を積み重ね、初代王者にたどり着いた。妥協なき議論、飽くなき探究心がチームとして機能する常勝軍団を目指す。今季からは丸山奏子が加入。これまでにないメソッドを用い、単にチームとして勝利するだけでなく、育成における第一人者をも目指す。


TOPICS


PLAYER

  • 園田賢
    年齢 38歳 | 出身地 兵庫県 | プロ歴 16年
    所属 最高位戦日本プロ麻雀協会
    COMMENT
    初代王者だけでは実力の証明には足りない。2連覇3連覇することが必要なので、今季も妥協なく戦いたい。
  • 村上淳
    年齢 44歳 | 出身地 東京都 | プロ歴 23年
    所属 最高位戦日本プロ麻雀協会
    COMMENT
    一番応援されるチームを目指したい。その為にも、質の高い麻雀で勝利を重ねていきたい。
  • 鈴木たろう
    年齢 45歳 | 出身地 茨城県 | プロ歴 21年
    所属 日本プロ麻雀協会
    COMMENT
    ドリブンズの技術の高さ、切り口の違いを今年も見てほしい。それにより勝利することで、ファンと喜びを分かち合いたい。
  • 丸山奏子
    年齢 26歳 | 出身地 北海道 | プロ歴 2年
    所属 最高位戦日本プロ麻雀協会
    COMMENT
    ドリブンズに入って、厳しい指導を受ける中で確かな手応えを感じている。少しでもチームに貢献したい。
  • 越山剛 監督
    年齢 46歳 | 出身地 東京都

    COMMENT
    新たなチームも加わり、レギュレーションも変わるが、私達には多様性と柔軟さがあり、優位は変わらないと信じている。

SHARE