ネクストリボン がんとの共生社会を目指して

私のネクストリボン宣言企画概要

ネクストリボンプロジェクトでは、がんとの共生社会の必要性を広く伝え、自分事としてがんについて考えていただくために、
みなさんの「ネクストリボン宣言」を2018年2月4日から集めています。

2月4日はワールドキャンサーデー(世界対がんデー)。全世界ががんについて考える、向き合う日です。
がんと向き合って考えていること、こうあって欲しい社会の姿、
大切な人への思い・・・・など、みなさんの想いを、この日を象徴する幅24mm、長さ24cmの虹色のリボンに、
メッセージとして綴ってもらいました。

全国の病院やがんに関するイベント会場で、19年2月4日に向けてまだまだメッセージを集めていきます。
がんに対する理解を深めて頂きながら、多くの人々の想いとアクションをつなぐ企画です。

みなさんのメッセージは「がんとの共生社会」を創る啓発活動に活用します。

①ネクストリボン公式サイトでメッセージを発信していきます。

②メッセージをもとに、多摩美術大学の有志学生グループが「がんとの共生社会」を啓発するアート作品を制作・発表します。

③メッセージをもとに、イメージソングをアーティストたちに制作してもらいます。

みなさんのアクションを次の啓発活動に繋げていきます。

【ご協力頂いた病院】
・がん・感染症センター都立駒込病院
・静岡県立静岡がんセンター
・公益財団法人がん研究会有明病院
・国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院
・地方独立行政法人大阪府立病院機構大阪国際がんセンター
・独立行政法人国立病院機構九州がんセンター
※ 五十音順