ネクストリボン がんとの共生社会を目指して

2020年2月4日 開催

トーク&ライブ 「がんについて語ろう
~がんとともに生きる、寄り添う~

がんとの共生社会の実現を考える「ネクストリボン2020」(朝日新聞社、日本対がん協会主催)が、「世界対がんデー」の4日、東京都内で開かれた。治療と仕事を両立しながら誰もが共に働ける社会のあり方をテーマに、シンポジウムとトークイベントがあり、計約千人が参加した。

2020年2月4日

ネクストリボン×BIG UP!イメージソング優秀賞作品「おなじこの陽を見て」

はなおと

2020年2月4日

対談

未来を生きると信じて

友寄 蓮 氏(タレント) / 聞き手:上野 創(朝日新聞社 東京本社教育企画部ディレクター)

2020年2月4日

「食べることは生きること。夫・アキオが教えてくれたこと」

クリコ(保森 千枝)氏(介護食アドバイザー)

2020年2月4日

ネクストリボン×BIG UP!イメージソング優秀賞作品「simple」

忠津 勇樹 氏

2020年2月4日

ネクストリボン×BIG UP!イメージソング優秀賞作品「まだ」

Arisa

2020年2月4日

「がんが教えてくれた、自分らしい生き方」

木山 裕策 氏(歌手)