企画・制作
 朝日新聞社メディアビジネス局 | 広告特集
PR:サントリービール株式会社
Share
サントリービールの醸造技術を結集させ、
約5年の歳月をかけて
研究開発した
「パーフェクトサントリービール」が、
発売から約2週間で2,500万本を突破!
(※350ml本数換算)
その人気の理由は
本格ビールのうまさと
糖質ゼロに「2度驚く」
体験にあります。
※食品表示基準による

なぜ「パーフェクトサントリービール」は
こんなにも支持されるのか、
その秘密を探るべく、
ビールを週に数回は楽しむという、
タレントとしてもIT企業役員としても活躍する
厚切りジェイソンさんに実際に飲んでもらいました。
同時に、健康志向が高まる今、
これからの時代が
ビールに求めるものについても語りました。

厚切りジェイソン あつぎりじぇいそん
お笑い芸人、IT企業役員
1986年アメリカ生まれ。ミシガン州立大学卒業後、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の大学院を修了。日本勤務時にお笑い番組を気に入り、お笑い芸人の道を目指す。2014年に会社役員のままお笑い芸人としてデビュー。「Why Japanese People!?」の決めゼリフで一躍人気に。お笑いだけにとどまらず、情報番組や講演など多方面で活躍中。

INTERVIEW

ビールのトレンドは「機能」
でも、「おいしさ」は外せない

僕はビールが好きで、週に数回は家族との夕食時に楽しんでいます。現在、コロナ禍の影響で世界的に健康への意識が高くなっていますが、僕としては、どんな時も妥協せずおいしいビールを飲みたいなと思っていますね。

とはいえ、コロナ禍で時間に余裕ができたことがきっかけとなり、もともと健康に気を配るタイプではありますが、健康管理について見直しましたね。カロリー計算をきっちりやるようにして、食事や飲酒で取ったカロリーは毎日記録をつけるようになりました。食べ物を制限するわけではなく割と自由に食べて、ビールも気にせず飲みますが、一日に必要なカロリー摂取量を上回ったら、その分は運動で消費するようにしています。主に散歩で消費することが多く、今日もこの仕事現場まで12km歩きました。実はコロナ禍以前にもカロリーを管理していた時期があったのですが、やめたら太ってしまったんです。ですがこのコロナ禍の期間に継続した結果、体重を約15kg落とすことができました。

僕は今35歳ですが、20代の頃はカロリーをあまり気にしていませんでした。アメリカで暮らしていた頃は、僕の場合は誰かの家に複数人で集まり、ちょっと高級なビールを持ち寄って、純粋に味わいを楽しむケースが多かったです。でも今はみんなでビールを楽しむ場であっても、そこに健康意識が存在しているのでしょうね。

健康だけを気にするのなら、極端な話、水を飲めばいいんです。でもビール好きな人は体も大切にしたいけれど、味わう楽しみも失いたくないはず。ビールを飲む時間をちゃんと充実させたいというのが今のニーズだと思います。これからの時代はビールのおいしさも体への配慮もかなえてくれるビールが求められると思っています。


「2度の驚き」を実際に体験
先入観を吹き飛ばすビールに出会った
それは発泡酒でも新ジャンルでもなく、
本格ビールで糖質ゼロ

「パーフェクトサントリービール」を飲んで、まずビールの力強さが感じられるのに、飲みやすい爽やかさもあって、そのおいしさに驚きました。ゴクゴク飲みたくなる味わいで、次の一杯へと自然にすすんでいましたね。その後、糖質ゼロだと聞かされて「えー!」と思わず声を上げる驚きがありました。まさに2度、驚かされたんです。

糖質ゼロと聞くと、僕は発泡酒や第3のビールを連想してしまうので、ビールのカテゴリーにもあったのかと驚きました。また個人的なイメージですが、糖質ゼロだと後味にクセがあるというか、ビールらしい味わいが損なわれるのではないかと思っていました。だけどこれは、麦芽のうま味がしっかりあっておいしい。アルコール度数5.5%というのも、飲みごたえに反映されているのでしょうね。でも糖質ゼロならではの爽やかさもあるから、すごく飲みやすいのだと実感しました。本格的なビールの味わいと糖質ゼロを両立させたというのは、とてもぜいたくな感じがします。

糖質ゼロだから「今日は楽しんで飲むぞ」という日にちょうどいいのではないかと思います。


この満足感は一つじゃない
飲む人によって「おいしい」発見がある

このビールは、どんな好みの方でもまず飲んでみることをおすすめしたいですね。ビールの味わいをしっかり楽しみたい人に応えるおいしさがあるし、一方で重い味わいよりは爽快さが感じられるものを探しているという人にもマッチすると思います。それに体のことを気にする人にもうれしいですよね。「うまさ」と「糖質ゼロ」の両立を実現した結果、一つだけではない満足感を与えられるビールが誕生したのではないでしょうか。ライフスタイルが多様化する今の社会に合っているとも言えそうですね。

それにこのビールは楽しみ方の幅も広がる気がします。例えば僕だったら、夕食時にこれだけを飲むのもいいけれど、その日の気分によって、1杯目は別の重めのビールを飲み、2杯目は爽快さも楽しむために「パーフェクトサントリービール」を味わう、という自由な組み合わせも楽しんでみたいと思いました。

いずれにしても、この「2度の驚き」は実際に飲んで体験してみてください。

開発に5年

担当者からの一言
「妥協なし」

「本当においしい糖質ゼロビールができるまで妥協しない」という強い信念を持って研究開発した「パーフェクトサントリービール」。
2016年に開発がスタートすると「ビールど真ん中のおいしさ」と「糖質ゼロ」との両輪を追求しました。そのポイントは、当社のこれまでのビール並みのアルコール度数5.5%による力強い飲みごたえがありながらも糖質をゼロにしたことです。麦芽のうまみを最大限に引き出す「贅沢仕込」と、糖質がゼロになるまでじっくり醗酵させる「贅沢醗酵」により、本格ビールのうまさと糖質ゼロの両立を実現させました。

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。
のんだあとはリサイクル。