広告特集 企画・制作
朝日新聞社メディアビジネス局
提供:株式会社龍角散

Q&A お薬相談室 正しく理解しましょう

監修:医師宮田俊男

セルフメディケーションの第一歩は、お薬についての正しい知識を身につけること。
よくある質問に医師が答えます!

お薬を必要とされる方にとって、服用する際の小さな疑問は、大きな問題となることがあります。
龍角散の相談室には日々、消費者の皆様からのお問い合わせをいただきます。
本日はその中から、お薬に関して知っておいていただきたいものを取り上げ、ご紹介させていただきます。
(監修:みいクリニック院長 宮田俊男氏)

処方薬と市販薬の違いは
何ですか?どのように
使い分けしたらいいですか?
処方薬は、病状に応じて医師が処方する医療用医薬品。医療機関や保険薬局が調剤します。

市販薬(OTC医薬品)は、薬剤師などの助言をもとに薬局・ドラッグストアなどで購入できるお薬。軽い症状の場合は効き目の穏やかな市販薬で症状を緩和し、それでも改善されない場合は医師の診察を受け処方薬で治療、という使い分けが一般的です。

錠剤が飲みにくいのですが
自分でつぶして飲んでも
いいですか?
錠剤にはつぶしても効果が変わらないものと、つぶしてはいけないものがあります。

例えば、表面をコーティングしてあるお薬は、有効成分が胃ではなく、腸で溶けるようにしてあるので、自己判断でつぶすのは禁物です。飲みにくい場合は医師に相談してみてください。服薬補助ゼリーを併用する選択肢もあります。

「スイッチOTC薬」
とはどんなお薬
ですか?
医療用医薬品で使われてきた実績があり有効性・安全性が認められた成分が、OTC医薬品に転換(スイッチ)されたお薬のこと。

「OTC」とは「Over The Counter」の略で、処方せんがなくても薬局のカウンター越しに購入できるという意味。医療費控除制度の対象なので、レシートを保管し、年末調整に活かしましょう。

用法・用量は毎日
きちんと守らないと
いけませんか?
処方薬・市販薬にかかわらず、お薬は正しく服用して初めて効き目が現れます。

自己判断で飲む量を増やしたり減らしたりするのは禁物。食前、食後、食間、症状が出たときに飲む頓服など、決められたタイミングや日数を守ることも大切です。処方されたお薬の用法・用量などは、お薬手帳に記載されていますので確認しましょう。

処方されたお薬が
余ってしまいました。
どうすればいいの?
お薬は処方された日数分を飲みきることが大切です。

うっかり飲み忘れて余ってしまった処方薬を、後日服用することは厳禁です。子供が間違って飲まないよう適切に処分してください。処方された病院や調剤薬局に持ち込み、廃棄してもらえば安心です。飲み残しが頻繁なら、薬剤師や医師に相談して処方薬の内容や量を調整してもらいましょう。

お薬を1回飲み忘れても
次の回に2回分
飲めばいいですか?
飲み忘れたからといって2回分を一度に服用することは絶対禁物です。

量が倍になり、お薬の効果が強くなって副作用が現れることがあります。一般的には、次回服用時までに時間がある場合は、気付いたらすぐ飲み、次回の服用を少し遅らせるのがいいでしょう。1日3回服用の場合、4時間以上開けるのが目安です。心配なときはかかりつけ薬剤師に相談しましょう。

体の調子が良いときは
薬を飲むのをやめても
いいですか?
処方されたお薬の中には、病状が改善しても継続しなければならないものや、再発を防ぐために、長く使用しなければならないものがあります。

長く服用してきたお薬でも徐々に減らすことができる場合も。体の調子が良いと感じても、自己判断で使用を中止してはいけません。必ず医師にご相談ください。

処方せんを調剤薬局に出す際
なぜ「お薬手帳」が
必要なんですか?
「お薬手帳」には、調剤日/調剤薬局名/処方せん発行医療機関名/薬剤名/用法・用量/服用日数/ジェネリック医薬品か否かなどが記載されています。

副作用歴、アレルギーの有無などについても記入できますので、重複投与や相互作用、副作用の再発防止に役立ちます。お薬手帳アプリならスマホでも利用できます。

処方されるお薬を
減らしてほしいけれど
どうすればいい?
様々な専門医にかかると、それぞれの専門医が他の医師の処方が分からない場合があり、お薬が増えることがあります。

「お薬手帳」を必ず持参して、いままでの処方を医師に確認してもらいましょう。かかりつけ医にも全体をみてもらい、処方されるお薬の内容や量などを相談しましょう。

医師が薬剤師と考えた市販薬アプリ「健こんぱす」(無料)

医師が薬剤師と考えたOTC医薬品を案内するアプリです。気になる症状がある場合、いくつかの質問に 答えるだけでその症状に応じたOTC医薬品を紹介。重篤な症状が疑われる場合には医療機関へ受診勧奨します。
「健こんぱす」のダウンロードはこちら

宮田先生プロフィール

1999年早稲田大学理工学部卒業、2003年大阪大学医学部卒業。厚労省医系技官、内閣官房補佐官として数々の医療改革に携わる。今でも、みいクリニックで在宅医療を実践しながら、産官学の幅広い視点で医療の向上を目指す。

INTERVIEW

参議院議員武見敬三

処方されるお薬、何種類ありますか?
「ポリファーマシー」を考える。

 最近話題になっている「ポリファーマシー」とは、「多数(poly)」の「薬(pharmacy)」という意味の造語です。単に服用する薬剤数が多いこと(多剤服用)ではなく、薬による有害事象のリスク増加、飲み忘れや飲み間違い、QOLの低下が生じやすい状態を示します。
 高齢になればさまざまな合併症を持つ人が増え、複数の医療機関を受診することにより、処方される薬の数は増えていきます。厚生労働省の調査(2017年)では、5種類以上の薬を使っている人の割合は、65歳以上で約30%、75歳以上になると約40%と報告されています。特に75歳以上では7種類以上の薬を処方されている方が約25%、4分の1もいらっしゃいます。

すべてが悪いというわけではない「多剤服用」

 ただし、多剤服用がすべて悪いというわけではありません。多過ぎる薬は減らさなければなりませんが、
患者さんの症状に必要な薬は必ず処方されなければなりません。
 多剤服用でどういう害が生じるか。それをチェックする人がいなければ、不要な薬が含まれる可能性が高くなります。その結果、薬同士の副反応による「ふらつき」や「転倒」「物忘れ」などの有害事象が増えたり、飲み残し、飲み忘れなど、残薬問題の原因にもなります。
 さらに「ポリファーマシー」は、薬剤費の増大や有害事象に対する支出を引き起こし、医療費を押し上げることに繋がりかねません。薬剤の適正な処方と、私たち一人ひとりが「お薬手帳」などを有効活用し、薬と上手につき合う方法を身につけることが重要となるでしょう。

日本の医療保険制度を守るためにも

 今、日本の医療保険制度は分岐点にあります。国民皆保険という世界に誇るこの制度を持続可能なものにするためには、私たち一人ひとりが自分の健康を自分で管理し、できる限り健康寿命を延伸させなければなりません。超高齢社会の日本にとって、健康長寿社会の実現こそがもっとも重要な課題となります。そのためにも「セルフメディケーション」の考え方を理解し、身につけていただきたい。それが「ポリファーマシー」の問題を話し合う基盤にもなってくるはずです。

武見敬三氏略歴/1951年、東京都生まれ。
95年に参議院議員に初当選。厚生労働副大臣、ハーバード大学公衆衛生大学院研究員、日本国際交流センターシニアフェロー、慶應義塾大学医学部客員教授などを務める。ハーバード大学時代よりグローバル・ヘルスに関する研究を続け、2011年には世界的医学雑誌「ランセット」日本特集号に尽力する。19年から参議院議員5期目。

合わせて読みたい!
高齢社会の医療制度を考えるキーワード『ポリファーマシー』
アクセスデータの利用について
本広告ページでは、株式会社朝日新聞社及び株式会社龍角散が、Cookieを使用してユーザーの端末情報(IPアドレス、オペレーティングシステムやブラウザーの種類等)及びユーザーの行動履歴(アクセスした時刻、URL、訪問回数等)等のアクセスデータをそれぞれ取得し、以下のような目的に利用します。

(1)アクセス状況の把握・解析や広告効果の測定
(2)ユーザーに最適と推定されるコンテンツの配信
(3)第三者による行動ターゲティング広告等の広告配信
第三者がCookieを使用して収集する情報、利用目的等は各社のウェブサイトを参照ください。

・グーグル株式会社
https://policies.google.com/technologies/ads?hl=ja

行動ターゲティング広告の表示を希望されない場合は、下記の第三者のウェブサイトを参照の上、非表示設定(以下、「オプトアウト」といいます)をしてください。ただし、オプトアウトの設定内容によっては、当ウェブサイトの一部機能がご利用になれない場合があります。
お客さまがブラウザの変更、クッキーの削除および新しいコンピューターヘの変更等をされた場合にはクッキーの設定もリセットされるため、再度オプトアウトが必要となります。

・Googleのオプトアウトページ
https://policies.google.com/technologies/ads?hl=ja