朝日新聞
 広告特集 企画制作:朝日新聞社メディアビジネス局

大阪府立大学 複雑な現代社会に挑む高い専門性と複眼思考 研究者としても第一線で活躍する辰巳砂昌弘学長 大阪府立大学 複雑な現代社会に挑む高い専門性と複眼思考

研究者としても第一線で活躍する辰巳砂昌弘学長

研究者としても第一線で活躍する辰巳砂昌弘学長

垣根のない学び × Osaka Prefecture University

統合から生まれる本物の多様性

大阪府立大学で学べる学問分野の多さは、公立大学としては最大級だ。この多様性は大学統合の歴史によるところが大きく、各大学の歴史と強みが融合した結果といえる。

現在の大阪府大は2005年、大阪府立大学(旧)、大阪女子大学および大阪府立看護大学が統合されて誕生した。その前身は1883(明治16)年設置の獣医学講習所までさかのぼる。「統合によって、互いの文化を生かした新たな強みが生まれた」と辰巳砂(たつみさご)昌弘学長は語る。現在は、大阪市立大学との将来的な統合を見据えた教育プログラムの連携を進めている。統合されれば、日本最大の公立大学が誕生する。

専攻にとらわれない広く深い自由な学び

大阪府大の特長について辰巳砂学長は、「異なる分野を気軽に行き来できる垣根の低さにある」と言う。それは理系と文系、学生と教員、大学と企業、日本と諸外国など、あらゆる面にあてはまる。

大阪府大には学部がなく、学域・学類制を採用している。入学時に4学域13学類から専攻の大きな枠を選択し、2年次以降に専門領域を選択する。学類の分け方は独特だ。例えば、現代システム科学域マネジメント学類では、経営・経済といった文系の学問だけでなく、データ分析など理系に近い分野を組み合わせて学ぶことができる。同学類3年の中村元寛さんは、もともと経営学を勉強したくて入学したが、大阪府大で学ぶうちにコンピュータ技術にも興味をもち始めた。

現代システム科学域マネジメント学類3年の中村元寛さん、大学院生命環境科学研究科応用生命科学専攻博士後期課程2年の古谷舞さんと語り合う辰巳砂学長

現代システム科学域マネジメント学類3年の中村元寛さん、大学院生命環境科学研究科応用生命科学専攻博士後期課程2年の古谷舞さんと語り合う辰巳砂学長

「ビジネスとITのそれぞれを理解できる人はいますが、いま社会に求められているのは両方に強い人材だと思います」(中村さん)

もっと学びたい学生は、主専攻に加えて副専攻をとることもできる。生命環境科学研究科応用生命科学専攻博士後期課程2年の古谷舞さんは、作物学について研究する一方、副専攻で食生産科学を選んだ。獣医学類の学生とともに牛の世話をし、食の生産現場から販売流通までを一貫して学んだ。研修で海外の生産現場も見学した。

「複雑化する現代社会では、高い専門性と複眼的な思考をあわせもった人材が社会に求められる。そう考えて副専攻を設計しています」(辰巳砂学長)

入学後に、学びたい分野や内容が変わることもある。そのため、さまざまな学問を試せる機会を多く設けていると、辰巳砂学長は言う。 

「1年次では基礎的な学びを行うと同時に学域を越えた学びも行います。他の学域の学生と混じりながら興味のあるゼミを取り、試しながら自分の道を見つけることができます。自分が思っていたのと、実際にやってみたら違っていたということがあってもよいのです」

また、教員・職員と学生の垣根も低く、学生のサポートも手厚い。中村さんは、「先生方や職員の方々の的確なアドバイスで、自分に合ったプログラムを見つけることができた」と語る。また、古谷さんは「研究室で先生といつでも気軽に話し合えることが大阪府大の魅力」だと言う。

変化し続ける現代で道を開く力をつける

46万㎡を超える広大な敷地面積を誇る中百舌鳥キャンパス

46万㎡を超える広大な敷地面積を誇る中百舌鳥キャンパス

「実学」と「リベラルアーツ」の伝統を受け継ぐ大阪府大では、看護・リハビリなどの医療系学域や、獣医学、マネジメント学、情報工学、マテリアル工学、航空宇宙工学などの応用学問分野も多く設置されている。

医療系の資格取得にも強く、2018年度の看護師・助産師・保健師・理学療法士・作業療法士・管理栄養士の国家試験合格率はいずれも100%だ。

「大学で学び研究したことが世の中の役に立つ。それも100年後、30年後、5年後にそれぞれどう役立つのか、イメージをもてる環境を用意しています」(辰巳砂学長)

企業とのコラボレーションも積極的に行っている。辰巳砂学長自身、電気自動車への実装を見据えた次世代の電池「全固体電池」の研究者として、日本の大手自動車メーカーと連携し、最前線で開発を進めている。 

研究面だけでなく人材育成においても企業と手を取り合う。「大学で学びながら産業界と交流できる機会が多くあり、そのことが自分の考え方を深めてくれました」(古谷さん)

さまざまな意味で垣根の低さが魅力の大阪府大。学生の視野は自然と広くなり、問題のとらえ方も変わってくる。

「自分の将来の目標を見つけ、それを実現する力を身につけてほしい。それができる環境が本学にはあります」(辰巳砂学長)

From Students

1 国際感覚とビジネスの観点をもった研究者を育てるリーダー養成学位プログラムに参加

大学院 工学研究科
物質・化学系専攻 博士後期課程 3年
乙山 美紗恵 さん

現在、私は「全固体電池」の研究をしています。研究の楽しさに目覚めたのは4年生のとき。博士後期課程に進むかどうかは迷いましたが、「システム発想型物質科学リーダー養成学位プログラム(SiMS)」を知り、これを履修すれば大学院修了後もさまざまな可能性が広がると考え、進学する決心がつきました。SiMSは産業界で必要とされる人材を育成するプログラム。海外留学や企業でのインターンシップ、ビジネスの観点で研究を見つめ直す講義など、独自のカリキュラムが多く、やりたいと思ったことは何でも挑戦できます。将来は研究所に所属し、基礎研究と実用化の橋渡しをしたいです。

2 大学独自の給付型奨学金を受け グローバル特待生として海外プログラムに参加

地域保健学域 総合リハビリテーション学類
作業療法学専攻 3年
福田 望琴 さん

作業療法士になろうと、大阪府大に入学しました。以前から医療者として海外で働きたいと考えていたため、年間30万円の奨学金が給付される「グローバルリーダー育成奨学金制度」に応募。グローバル特待生の一人に選んでいただきました。2年次の夏にはスリランカで観光促進のためのインターンシップに参加。世界各国から集まった研修生たちと古都シーギリヤ、聖地キャンディなどを訪れました。研修生たちとディスカッションするなかで、文化が違う人たちと協力し合うむずかしさを実感しました。将来は資格を生かして国際機関で働くか、海外の大学院に進学したいと考えています。

Front Line
研究最前線

創薬科学副専攻で最先端のバイオ医薬を学ぶ

理学系研究科
藤井 郁雄 教授

現在、世界で流通している薬は、化学合成された「低分子医薬品」だけではなく、生物を用いて製造、抽出されたたんぱく質である「バイオ医薬品」が広く使われるようになった。なかでも、たんぱく質で構成される「抗体」を薬として用いる「抗体医薬品」の発展が目覚ましい。ノーベル賞で話題になったがんの治療薬「オプジーボ」も、その一つだ。

理学系研究科の藤井郁雄教授は、大学院修了後、アメリカで最先端のたんぱく質工学を学んだ。製薬会社が抗体に注目するはるか前から抗体医薬品を研究してきた藤井教授はいま、「ペプチド」を用いた次世代のバイオ医薬品を研究開発している。

「抗体は製造に特殊な技術が必要で大量生産が難しい。そのため、従来の低分子医薬品に比べて製造コストがかかります。また分子量が大きく、効力を発揮させたい細胞の中まで薬を届かせることが困難です。体内で異物と認識されて副作用が現れることもあります。分子量が30分の1以下のペプチドを薬として使用できれば、これらの問題をすべて解決できます」

大学の役割は次世代の技術を生み出すこと、と語る藤井教授。来年4月、最先端のバイオ医薬品を学べる副専攻プログラム「創薬科学」を新設する。

「薬の概念が大きく変わったいま、創薬は一つの分野だけでは行えません。分子を設計する理学、バイオ技術を担う農学、さらに薬を体内に届ける方法を考える工学の知識と技術も必要です。分野の垣根のない本学には、これからの創薬を担う研究者が育つ環境が整っています」

創薬科学はすべての学域の学生が選択できる。さまざまなバックグラウンドをもつ人材こそが、未来を切り拓(ひら)く。

「夢のある人に来てほしい。その夢を本学で実現できれば、自信がつきます」

過去の掲載大学

プロフェッサー・ビジット
参加高校募集中

特集記事