朝日新聞
 広告特集 企画制作:朝日新聞社メディアビジネス局

鳥取大学 世界に貢献する乾燥地研究の拠点 センターのシンボルといえるドーム状のガラスの温室 鳥取大学 世界に貢献する乾燥地研究の拠点

センターのシンボルといえるドーム状のガラスの温室

センターのシンボルといえるドーム状のガラスの温室

「知識の実践」を学ぶ × Tottori University

地元の砂問題の課題解決から始まった

鳥取大学には、砂漠化や食料危機などの世界的な乾燥地問題に組織的に取り組む、日本で唯一の研究機関「乾燥地研究センター」がある。乾燥地とは、UNEP(国連環境計画)の定義によると、年降水量などから導き出される乾燥度指数の値が0・65未満の土地のことをいう。世界を見渡せば、陸地面積の41%が乾燥地に分類される。雨の多い日本に乾燥地は存在しないが、日本の、しかも鳥取で、なぜ設立されたのか。センター長の山中典和教授はこう話す。

「そのルーツは鳥取砂丘にあります。昔は、この地域の人々にとって砂丘は〝困った土地〟でした。風が吹けば砂が飛び、家に入り込み、畑は砂で埋もれる。そのため、砂の害への対策や、農地への転用を試行錯誤してきた歴史があるのです」

始まりは鳥取高等農業学校(現・鳥取大農学部)時代。鳥取砂丘の一部である「湖山砂丘試験地」で1923年から行われた砂防造林の研究だ。これにより砂の害は減り、その技術は全国の砂丘地へと広まった。さらには、砂丘を農地として活用する研究も続けられてきた。70年代、世界の砂漠化に注目が集まると、砂丘地農業を応用して乾燥地の農業研究も行われるようになった。

大きな転換期は、90年。乾燥地研究センターを設立し、文部省(当時)により、「全国共同利用施設」に認定された。鳥取大の研究施設であると同時に、全国の研究者が共同利用できる拠点となる。以来、世界有数の乾燥地研究ができるセンターとして発展を続けてきた。

世界的な研究のため必然的に国際色豊かに

山中典和センター長。センター敷地内にある温室内にて

山中典和センター長。センター敷地内にある温室内にて

センターの研究は、大きく三つに分かれる。一つめは、「砂漠化」の環境問題。砂漠周辺に広がる乾燥地が、砂漠化してしまうのを食い止める研究だ。

二つめは、「乾燥地での農業」。世界では今後数十年で、人口増加により食料危機を迎えると予測される。とくにアフリカは深刻で、いかにして農作物の生産高を上げるかの研究が進められている。

三つめは「黄砂問題」。鳥取県などの日本海側には、春先に中国やモンゴル、中央アジアの砂漠地帯の砂が、風に乗りやってくる。これが黄砂だ。近年では、PM2・5の問題もあり、黄砂研究が注目されている。

山中教授はこう説明する。

「日本に乾燥地がないからといって、乾燥地問題と無関係ではいられません。例えば、パンやパスタなどの原料である小麦の自給率は15%程度で、輸入に頼っています。小麦は主に乾燥地の畑で作られているため、乾燥地が干ばつになり、小麦が不作になると日本での価格が急騰します。大陸から国境を越えてやってくる黄砂もそうです。一国だけで解決できるものではなく、発生する側の国と共同で対策を考える必要があります」

乾燥地研究は日本だけではできないため、世界中に研究ネットワークがある。必然的にセンター内も国際色豊かだ。教員18人中6人が外国人。学生も29人中24人が留学生で、出身はエチオピア、スーダン、ナイジェリア、中国など多岐にわたる。センター内は英語が共通語で、研究やゼミなどもすべて英語。業務連絡メールも日英の並列表記だ。

乾燥地を研究する方法は主に二つある。一つめは、センターでの実験中心の方法。とりわけ気候変動などの将来予測に関しては、充実した実験設備が必要となる。植物の種などの遺伝子解析も同じく、実験室で最先端の機械を使って行われる。

センターには砂丘の砂を利用した実験農場もある。砂の畑は希少なため、全国から研究者が集まる。その一画では小麦を栽培。気温上昇や乾燥に強い品種を開発している。

現場に行って学ぶ「実践」が重要

現在は、観光地として全国的に有名な鳥取砂丘。センターに隣接している

現在は、観光地として全国的に有名な鳥取砂丘。センターに隣接している

もう一つは、砂漠や乾燥地に行って、現地の人と一緒に汗を流しながら研究する方法だ。モンゴルでは気象観測ステーションを設置し、黄砂の砂嵐を観測する。スーダンでは、現地の研究機関とともに開発した高温・ 乾燥に強い小麦を試作している。こうしたプロジェクトが世界各地で進行中だ。山中教授は、熱いメッセージを送る。

「鳥取大は、『知と実践の融合』を掲げています。私自身もこの言葉を推進したいですね。学生たちには、実験室にこもるばかりで頭でっかちな人間にはなってほしくない。実験や本での勉強も大事ですが、そのうえで現場に行くことが重要です。鳥取大には、それができる人、興味がある人が学べるチャンスがたくさんあります」

From Students

1 メキシコに魅せられて3度も留学。バイオ燃料になる植物を研究

大学院 持続性社会創生科学研究科 修士課程 2年 坂田 求さん

大学院
持続性社会創生科学研究科 修士課程 2年
坂田 求 さん

「タフで実践力のあるグローバル人材を育てる」として大学が奨める「海外実践教育プログラム」に3年生のときに参加。メキシコに3カ月間留学しました。これがきっかけでメキシコが大好きに。2回目は、4年次に2週間、外務省のプログラムで留学しました。私が研究対象にしている「ジャトロファ」の原産国はメキシコです。種をしぼった油がディーゼル燃料の成分に似ていて、加工のプロセスをあまりふまなくても燃料に使える植物です。ジャトロファの魅力は、乾燥地でも育ち燃料にできること。日本では研究室内で遺伝子やたんぱく質を調べることしかできない。ジャトロファが育つ乾燥地での実践研究がしたいという思いが募り、また飛び出しました。

メキシコ留学3回目は、大学院1年生のときで約1年間滞在しました。

2 幼いころからの「アフリカに行きたい」夢を実現、ウガンダで1年間農業を研究

農学部生物資源環境学科 4年 木下 功太郎さん

農学部生物資源環境学科 4年
木下 功太郎 さん

幼いころから「アフリカに行きたい」という思いがあり、「アフリカ」「農業」のキーワードでたどりついたのが鳥取大学です。入学後、ここには同じような思いの仲間が大勢いると知り、うれしかったですね。

2年生の2月から1年間、ウガンダに留学し、思いを実現。現地では、朝起きるとすぐに市場に向かい、商品の価格を調べたら、仕入れ先の農家にヒアリングをするという一連の経済調査をしました。留学先での実体験から、乾燥地農業の課題は「一つの分野だけでは絶対に解決しえない」と痛感しました。

私はプロフェッショナルになるのではなく、ジェネラリストになって、いろんな専門をもつ人たちをつなげられる人になりたい。そんな思いから、卒業後は「人材系」の仕事に就こうと考えています。

President's Message
学長メッセージ

学習や研究を、地域課題のためにそして、世界のために

中島 廣光学長

中島 廣光 学長

「『知と実践の融合』が鳥取大学の基本理念です。知識は実社会の課題解決に役立ってこそ。学びや研究を通じての地域貢献、社会貢献が鳥取大のベースにあります」

そう中島廣光学長は話す。その言葉どおり、鳥取大の歴史は、鳥取砂丘とその地域の人々とともにあるといって過言ではない。鳥取大の前身の鳥取高等農業学校から、本格的に砂丘の砂の害を防ぐ防砂林の技術、砂地の農地活用の研究が進められてきた。地域の農業問題の解決から始まり、世界に展開した経緯から、地域と世界を舞台にした実学的、課題解決型の研究が充実しているのが鳥取大の強みだ。

「その意味では、工学部の伊福伸介教授が開発した『キチンナノファイバー』にも注目です」

中島学長がそう語る研究の元は、鳥取県が日本一の水揚げ量を誇るカニ。しかし地元は、大量のカニ殻の処理に頭を悩ませてもきた。このカニ殻から極細の繊維を抽出したのがキチンナノファイバーだ。食品や化粧品、医薬品などあらゆる分野での応用が期待され、商品開発が進む。

「他にも特色豊かな研究機関が多く存在します。日本を代表する乾燥地研究センターはもちろん、世界トップクラスの遺伝資源をもつ菌類きのこ遺伝資源研究センター、再生医療分野に取り組む染色体工学研究センター、過疎化、高齢化の進む社会での災害対策を研究する地域安全工学センターなどです。全国唯一の地域学部もあります」

実践力とグローバルマインドを兼ね備え、地域の課題を解決し、地域に貢献する力をもつ。鳥取大は、こうした人材の育成をめざしている。

「県外からの入学生の割合が86%と多いのも特徴です。全国各地からいろんな学生が集まってきます。留学生もいます。自然豊かな静かな環境、多様性の中で学べる鳥取大は、自分を磨き、高めるのにふさわしい場所です」

過去の掲載大学

プロフェッサー・ビジット
参加高校募集中

特集記事