企画・制作 朝日新聞社メディアビジネス局 | 広告特集

朝日新聞 WORKO

企画・制作 朝日新聞社メディアビジネス局 | 広告特集

facebook twitter Instagram

テクノロジーをわが家の子育てのパートナーに「BabyTech TOUCH」東京・五反田で開催

子育ての困りごとを技術で解決してくれる商品やサービスを紹介する展示会「BabyTech TOUCH(ベビーテックタッチ)in akachanhonpo」(朝日新聞WORKO!など後援)が、東京・五反田の「アカチャンホンポTOC店」で開かれています。スマホと連動して赤ちゃんを見守る機器や、子育てに役立つアプリなど19点を展示し、手にとったり体験したりできます。会期は7月9日まで。入場無料。

メディア向け内覧会では「BabyTech TOUCH」の主催企業である大日本印刷(以下DNP)でプロジェクトオーナーを務める大島奈緒美さんが機器やサービスを紹介しました=6月9日、東京・五反田の「アカチャンホンポTOC店」で

赤ちゃんの安全を守るために

アカチャンホンポTOC店の特設スペースでは、19点の商品・サービスが紹介されています。製品の販売はしていないので、気兼ねせずに見たり手に取ったりすることができます。

展示の中で目立つのが、高感度のセンサー技術やAI(人工知能)を駆使して、赤ちゃんの安全を守るのを助ける機器です。「ベビーセンスホーム」や「ベビーアラーム」は、布団やマットの下に敷いて電源を入れると、赤ちゃんの体動をモニタリングして、異常を感知した場合はアラーム音などで知らせてくれます。「Cubo Aiスマートベビーモニター」は、寝ている赤ちゃんの顔が毛布などで覆われるような危険を察知すると、連動するアプリ上でアラートを発信。自動シャッターで赤ちゃんを撮影し、記録してくれる機能もあるそうです。

寝かしつけや夜泣きの悩みに寄り添う

人間の体内時計が朝日でリセットされることをヒントに開発されたスマートベッドライト「ainenne」

赤ちゃんの夜泣きや寝かしつけに悩んでいる人を支えようと開発された商品やサービスもありました。スマートベッドライト「ainenne」は、赤ちゃんの睡眠リズムを作りやすくする機能を搭載。睡眠のビッグデータを基に、AIで睡眠の記録を学習して「推奨起床時間」を表示します。赤ちゃんが泣いているときにボタンを押すと、泣いた理由を推測して「81.8% お腹が空いた 18.2% 不快」などと教えてくれる機能も付いています。

赤ちゃんの夜泣きや寝かしつけの改善を促すスマホアプリ「Lullaby」

赤ちゃんの夜泣きや寝かしつけの改善を促すスマホアプリ「Lullaby」は、“ねんねトレーニング”を応援。睡眠や授乳などを記録できるほか、赤ちゃんの眠りに関する資格を持つコンサルタントに相談ができます(相談料別途)。

他にも、スマホアプリの「キッズドクター」は、夜間や休日の病院が開いていない時間帯に、子どもの急な発熱や体調不良などに対応。ビデオ通話による医師のオンライン診療や、自宅への往診が受けられます(一部地域限定)。子どもの健康に関する悩みを看護師にチャットで無料相談することもできます。

ポケモンと一緒に楽しく歯磨き習慣を身につけるゲームアプリ「ポケモンスマイル」は、スマホのカメラで顔を映しながら歯を磨くことで「むしばきん」を攻撃し、「むしばきん」に捕まったポケモンたちを助けます。1日3回まで任意の時間に通知してくれるお役立ち機能も。

子育て×テクノロジーの展覧会

ベビーテックとは、「ベビー」(赤ちゃん)と「テクノロジー」(技術)を組み合わせた造語。妊娠期から小学校に入る頃までの子育てを支えるため、ITを活用して開発された商品やサービスの総称です。2016年に米国のCES(家電見本市)で新しい技術のジャンルとして紹介され、日本でも注目され始めています。

写真左から、DNPの大島奈緒美さん、赤ちゃん本舗の味志謙司社長、パパスマイルの永田哲也社長

今回の展示会は「テクノロジーをわが家の子育てのパートナーに!」を合言葉に、DNPが立ち上げ、第一弾として赤ちゃん本舗とパパスマイルの3社協業で開催しました。6月9日のメディア向け内覧会で、赤ちゃん本舗の味志謙司社長は「子育てをテクノロジーで支えることで、赤ちゃんや家族が笑顔で過ごす時間を増やしたい。この場所では直接製品を販売しません。開発会社の皆様と対話し、一般のお客様からもご意見をちょうだいして両者を掛け合わせ、未来を見つめた『新しい子育て』に挑戦していきます」と語りました。

ベビーテックを日本に紹介したパパスマイルの永田哲也社長は、背景に核家族化や共働き世帯の増加など、子育て環境の変化を挙げました。「スマホが普及し、AIやセンサー技術が進化し、5Gの時代になりました。ベビーテックは、テクノロジーの力を借りながら楽しく安心して子育てしていくための伴走者になってくれます」と説明しました。

この企画のプロジェクトオーナーを務めるDNPの大島奈緒美さんは「外出が難しく悩みが増えている今だからこそ、テクノロジーを子育てに当たり前のように使える環境を作っていきたい」と話しました。

※「BabyTech/ベビーテック」は、株式会社パパスマイルの登録商標です。


「BabyTech TOUCH in akachanhonpo」開催概要
期間:2021年6月10日(木)~7月9日(金)予定
時間:10:00~18:00
場所:アカチャンホンポTOC店(東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル5F)
参加無料、予約不要

    • line
    • この記事をshareする
    • line

    最新の記事

    #おすすめのワードHot Words

      お問い合わせ

      こちらのサイトへのご意見・ご感想は下記メールにてお寄せください。

      worko@asahi.com