民進党と希望の党による国会での統一会派結成の合意が17日、白紙撤回された。結成を提案した民進が同日の両院議員総会で党内の了承を得られず、希望が協議の打ち切りを決めた。22日に召集される通常国会は、立憲民主党、希望、民進の3党が別々の会派で臨むことが確定。安倍晋三首相の改憲提案を批判し、政権への対決姿勢を明確にする立憲が衆院では引き続き、国会審議の流れを与党側と決める野党第1会派になる。

 民進執行部は17日の両院総会で、希望との合意を踏まえて、統一会派結成の了承を取り付けようとしたが、党籍を残したまま昨年の衆院選を無所属で戦った議員を中心とした衆院会派「無所属の会」(岡田克也代表)のメンバーらが強く反発。断念に追い込まれた。

 これを受けて、希望は緊急の役員会で「統一会派の結成は民進党から呼びかけられたものであり、前提条件が崩れた」と判断。民進との統一会派の結成を取りやめる方針を確認した。玉木雄一郎代表は16日に統一会派の結成に反対する党内メンバーとの「分党」を提案していたが、この提案も撤回することにした。

 民進内には執行部の責任を問う声も一部にあるが、大塚耕平代表は「引き続き3党連携を進めていくことで職務を果たしたい」と語った。一方、玉木氏は「いったん協議は終わりにするが、様々な形で野党の連携、協力は模索をしていかなければならない」と述べた。

 民進は両院総会で立憲を含めた3党の統一会派結成を引き続き目指すことを文書で確認。岡田氏ら衆院側が改めて立憲との協議を呼びかける方針も決めたが、立憲は昨年末にすでに会派結成を拒んでおり、再結集の見通しは立っていない。