南北首脳会談で朝鮮半島の「完全な非核化」を目標とすることを盛り込んだ「板門店宣言」が発表されたことを受け、安倍晋三首相は27日夜、首相官邸で記者団の取材に応じた。首相は「北朝鮮をめぐる諸懸案の包括的な解決に向けた前向きな動きと歓迎する」と述べた。

 会談内容については、韓国の文在寅大統領から電話で直接説明を受ける予定。「今回の会談を受け、そして米朝首脳会談を通じ、北朝鮮が具体的な行動を取ることを強く期待している。北朝鮮の今後の動向を注視していく」とも語った。

 首相は「拉致、核、ミサイルの包括的な解決」の必要性を強調し、米朝首脳会談に向けて日米韓で緊密に連携していく考えを改めて示した。北朝鮮との非核化協議で、日本が蚊帳の外に置かれているとの指摘については、「それは全くない」として、日米韓で今後の対応は一致していると強調した。