文部科学省の私学支援事業をめぐる汚職事件で、東京地検特捜部は24日、前科学技術・学術政策局長の佐野太容疑者(59)を受託収賄罪で起訴し、発表した。特捜部は、賄賂として前局長の息子を不正に合格させたとして任意での調べを続けていた東京医科大学の臼井正彦・前理事長(77)と鈴木衛・前学長(69)も贈賄罪で在宅起訴した。

 特捜部はまた、医療コンサル会社元役員の谷口浩司容疑者(47)も受託収賄幇助(ほうじょ)の罪で起訴した。

 特捜部の発表などでは、佐野前局長は2017年5月、都内の飲食店で臼井前理事長から、同大を文科省の「私立大学研究ブランディング事業」の対象校に選ぶよう頼まれ、その見返りと知りながら今年2月の入試で自分の息子の点数を加算してもらい、不正に合格させてもらったとされる。