「ちびまる子ちゃん」で知られる漫画家のさくらももこさんが15日、乳がんで死去した。53歳だった。本名は非公表。通夜・告別式は近親者で行った。所属するさくらプロダクションが27日発表した。

 静岡県清水市(現静岡市)出身。1984年にデビューした。自身の子ども時代の思い出を投影した、小学3年生のまる子の日常を描くエッセー風漫画「ちびまる子ちゃん」を、雑誌「りぼん」(集英社)に86年から連載。講談社漫画賞(少女部門)を受賞した。

さくらももこさん=1992年撮影

 90年にはフジテレビ系でアニメ化されて社会現象に。自らが作詞して、B.B.クィーンズが歌ったテーマ曲「おどるポンポコリン」も同年、130万枚を超える大ヒットとなった。国民的なアニメになっており、放送は今後も続く。

 代表作はほかに「コジコジ」など。ユーモラスな語り口でエッセイストとしても活躍し、91年から刊行した「もものかんづめ」「さるのこしかけ」「たいのおかしら」は3年連続で100万部を超えるヒットとなった。

アニメ「ちびまる子ちゃん」=26日のフジテレビから

■さくらももこさんの経歴

1965年 静岡県清水市(現静岡市)生まれ

  84年 短大在学中、「りぼんオリジナル」で「教えてやるんだ ありがたく思え!」でデビュー

  86年 「りぼん」で「ちびまる子ちゃん」連載開始

  89年 「ちびまる子ちゃん」で講談社漫画賞少女部門受賞

  90年 「ちびまる子ちゃん」がフジテレビ系でアニメ化。作詞したテーマ曲「おどるポンポコリン」が日本レコード大賞

アニメ「ちびまる子ちゃん」=26日のフジテレビから

  91年 初エッセー「もものかんづめ」

  92年 エッセー「さるのこしかけ」

  93年 エッセー「たいのおかしら」

  94年 「コジコジ」連載開始。97年にアニメ化

2006年 「ちびまる子ちゃん」実写ドラマ化

  07年 「4コマちびまる子ちゃん」を全国11の新聞で連載開始

  15年 「まんが倶楽部」連載開始