台風18号などの影響で四国の太平洋側を中心に猛烈な雨に見舞われた。高知地方気象台によると、高知市では3日午前9時10分ごろまでの1時間に約120ミリの降雨を観測した。気象庁は高知県内に記録的短時間大雨情報を発表した。県内には土砂災害警戒情報が発表された地域があるほか、県によると、高知市、南国市などが避難勧告を出している。

 高知市中心部を流れる鏡川では、河川敷に設けられていた駐車場に水が流れ込み、多くの車が水につかった。流された車もあるが、中に人がいるかどうかは不明という。