台風19号による風雨が強かった12日夜、相模原市緑区青山で家族4人が乗ったとみられる車が串川に転落し神奈川県警は15日、約6.7キロ下流で同区に住む小学2年の長男(8)が遺体で見つかったと発表した。

 これまでの捜索で、13日午前8時過ぎに約1.5キロ下流で母親(39)と小学5年の長女(11)が見つかり、14日午前11時半ごろには約5キロ下流で父親(49)が見つかった。いずれも死亡が確認されている。

 津久井署などによると、12日午後10時35分ごろ、串川にかかる中村橋付近で「車が川に流された。ライトがついていた」と119番通報があった。川に沿って整備された道路の一部が増水のためえぐられたように崩れており、車が川に転落したとみられている。