地方銀行の筑邦銀行(福岡県久留米市)とネット金融大手のSBIホールディングスが資本業務提携した。これまで共同店舗運営などで協業してきたが、関係を強化して筑邦銀行がSBIのITやノウハウを活用し、収益強化につなげる考えだ。

 資本提携ではSBIが筑邦銀行の発行済み株式を最大3%取得する。SBIの提案で実現したといい、17日終値の株価で計算するとSBIの出資額は最大約3億7千万円になる計算だ。

 17日発表した。SBIが地銀に出資するのは島根銀行、福島銀行に続いて3行目。両者は今回の取り組みを地方創生や地域活性化につなげる「戦略的提携」と位置づける。