稲田朋美元防衛相ら自民党の女性国会議員でつくる「国防女子の会」などは29日、敵のミサイル基地をたたく敵基地攻撃能力を念頭に「打撃力」を持つことなどを政府に求める提言書を河野太郎防衛相に手渡した。

 提言書では、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」が配備断念に追い込まれた経緯を説明するよう要請した。敵基地攻撃能力に関して「『打撃力』を持つこと自体は専守防衛には反しない」と指摘し、「日本自身の判断で行使できる抑止力」として保有すべきだと主張した。防衛政策について「女性にもわかりやすい説明」として平易な言葉を使うことも求めた。稲田氏によると、河野氏は「受け止めます」などと応じたという。