上司のセクハラやパワハラで適応障害などを発症して退職を余儀なくされたとして、NTTドコモ元社員の男性(36)が3日、上司2人と同社に治療費や慰謝料といった損害賠償など計約463万円を求めて東京地裁に提訴した。厚生労働省で記者会見して明らかにした。

 訴状などによると、男性は入社した2014年、重要な取引先が関わるイベント後の飲み会で、被告の一人である女性上司に他の同僚とバーへ連れて行かれ、店長からズボンのチャックを強制的に開けられて下着の中に30分以上手を入れられたという。男性は「やめてくれ」と大声で抵抗したが、女性上司は店長を制止せず、笑って見ていたという。

 訴状では、入社直後の男性にとって断れない飲み会で「業務時間中の出来事」とし、上司が以前から店長と親しく、わいせつ行為があると分かりながら店を選んだことから、セクハラにあたるとしている。

 また、もう一人の被告である男性上司からは17年、通常業務に加えて、自腹でアーティストの楽曲制作を求められ、3日間の徹夜を余儀なくされるなどのパワハラをうけたとしている。