新型コロナウイルスのワクチン接種を進めるため政府が設置する「大規模接種センター」について、防衛省は30日の対策本部会議で、5月24日めどで開設する東京会場を土日祝日を含めて午前8時から午後8時まで開くことを決めた。大阪にも大規模接種センターを開設することも正式決定。大阪会場も5月下旬の開設を目指し、複数の候補地を同月1日に視察する。

 東京会場は5月24日から3カ月間、自衛隊の医官、看護官らが中心となって運営する。防衛省によると、インターネットやSNS、コールセンターなどによる事前予約制とする方向。受付やコールセンター対応、準備作業などの業務について、旅行大手の「日本旅行」と委託契約したという。

 東京会場の接種対象者は、東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県在住の高齢者で、接種券の配布後は基礎疾患のある人なども含める予定。今後、全国の自衛隊の各部隊から派遣できる医官や看護官の規模を精査していく。

 一方、大阪会場についても大阪市内に5月下旬に開設することを目指す。菅義偉首相はこの日、首相官邸で日本医師会の中川俊男会長らと面会し、「来月下旬には東京と大阪に自衛隊による大規模接種センターを立ち上げる」と話した。

 対策本部長の中山泰秀副大臣は同日、記者団に対し「新型コロナ対策は国家の危機管理上重大な課題で、防衛省・自衛隊は国民の命と平和な暮らしを守り抜くため、引き続き全力を挙げていく」と語った。(松山尚幹)