英国で新型コロナウイルスの感染が再拡大する中、サッカー欧州選手権の決勝が11日、ロンドン市内のウェンブリー・スタジアムであった。地元イングランドはイタリアにPK戦で競り負けたが、会場の観客だけでなく、各地のパブや路上で大勢のファンがマスクなしで歓声を送った。

 イングランド男子が主要大会で決勝に進んだのは、1966年のワールドカップ以来55年ぶり。英BBCによると会場には6万人が入った。来場者は陰性証明などの提示が必要だが、座席でのマスク着用の義務はない。試合中、観客席にマスク姿の人はやはり見当たらなかった。

 スタジアム周辺には午後8時の試合開始の8時間前には大勢が集まっていた。箱買いした酒を手にしたファンらが、ビールをぶちまけながら肩を組んで大合唱。午後1時には少なくとも数百人が集まっていた。マスクを着用した人はほとんど見当たらなかった。

 イングランド旗柄のカツラ姿のビビアン・ジョーンズさんは孫を連れて来ていた。「この18カ月間、コロナ禍でストレスがたまる日々、息抜きしたかった」と語った。ただ、試合は自宅でテレビ観戦するという。「マスクなしの酔っ払いが増える。孫を連れては遅くまで残れない」

■1日3万人感染でも規制解除へ