中国河南省で多数の被害者を出した豪雨被害で、現地で取材する外国メディアの記者が地元住民や中国共産党の関連団体などから嫌がらせを受けたなどとして、中国に駐在する外国人記者がつくる駐華外国記者協会(FCCC)が中国政府に対して、自由な取材を認め、安全を確保するよう求める声明を出した。

 27日の声明によると、被災地の河南省鄭州市でドイツメディアの記者が住民らに取り囲まれたり、服をつかまれたりした。英BBC放送と米ロサンゼルス・タイムズのスタッフたちは殺害の脅迫も受けたという。

 中国のSNSでは、英BBCの洪水被害を伝える現地からの報告など海外メディアの報道に対し、「意図的に中国をおとしめている」と不満が続出。河南省の中国共産主義青年団は約160万人のフォロワーがいる中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」のアカウントに、BBC記者の写真とともに、居場所を知らせるよう求める投稿をしていた。

FCCCは「中国共産党の関連団体の言葉遣いは、中国で活動する外国人ジャーナリストの身体を危険にさらし、自由な報道を妨害している」と強く非難した。