参院比例区(改選数50)で、社民現職の福島瑞穂氏が5回目の当選確実に。

 1998年に初当選し、党幹事長や党首を歴任。民主党などとの連立政権では消費者・少子化相を務めた。2020年2月に党首復帰。昨年衆院選で得票率2%を割り込んだ社民は、公職選挙法上の政党要件を満たすため、比例区で当選2人以上、得票率2%以上に全力を挙げ、今回の参院選を「国政政党としての存立をかけた重要な闘い」と位置づけていた。