愛知県は5日、2481人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。前週の同じ曜日(1373人)に比べて感染者数が8割増え、15日連続で前週比で増加が続くことから、大村秀章知事は「明らかに第7波に入ったと言っていい」との認識を示した。

 大村氏は同日の会見で、「驚異的な増え方だ」と危機感を表明。県民に対しては、ワクチン接種を推奨し、「密」の回避などを呼びかけた。一方、まん延防止等重点措置が適用されなければ、飲食店が協力金の対象とならないことから、「直ちに(時短営業などの)規制をお願いすることにはならない」と述べた。