&w

東京の台所
連載をフォローする

〈42〉相手を思えば、皿を洗う時間まで楽しい

〈42〉相手を思えば、皿を洗う時間まで楽しい

〈住人プロフィール〉
カメラマン・40歳(男性)
賃貸マンション・2DK・JR中央線 西荻窪駅(杉並区)
入居1年・築年数10年
婚約者(30歳・会社員)とふたり暮らし

    ◇

 週6日は自炊する。外食はたまにするが、コンビニで弁当を買うことは皆無だ。けっして凝り性ではないが、できあいのものを食べるのは苦手なのだ。

 「彼女があまり野菜を食べないので、いかに料理に野菜を使っておいしく食べてもらうかを考えます。ラタトゥユを発見したときはうれしかったですね。野菜がたくさんとれてかさが減る。それにおいしいですものね」

 彼女の仕事が思いのほか忙しく、時間の自由になるカメラマンの彼が、彼女の健康を思って作り始めたのがきっかけだ。もちろん節約の目的もある。

 「クックパッドでできるだけ簡単な料理を探します。自分のレパートリーだけだと手詰まり感があるので。それをちょっと自分流にアレンジするのが好きです」

 いまは、きのことカマンベールチーズの炒め物が気に入っている。

 「カマンベールのコクがいいんですよ。これ、きっとパスタの具にもなると思うんです

 キャベツとウインナーのコトコトスープを作ったときは最後にリゾットにする。ひとつの料理をいろんな味つけで最後まで楽しむのが得意だ。

 「じつは以前はほとんど料理をしなかったのですが、節約料理ってじつはすごくクリエーティブですよね。いくらカネあってもいいっていう料理より、知恵を使ってくふうをするほうがずっと楽しい。そんな豪華な食材で作ったことがないからわからないけど、きっと僕はつまらないんじゃないかって思うんです」

 台所の脇には、お気に入りの広いテラスがある。ここで春夏はソーセージやビールを楽しんだ。今は、部屋で鍋が多い。「鍋だとたくさん野菜がとれますからね」

 そんな彼に、彼女は「おいしい」の代わりに「申し訳ない」と言いながら完食するそうだ。

 「そりゃ達成感がありますよね。空になった皿を洗うのも好きです」

 けっして贅沢(ぜいたく)ではないけれど、相手のことだけを思って作る料理の時間。これから籍を入れる2人の幸福な食卓。皿を洗う時間まで楽しいと思うこの感覚、そこに流れる甘く穏やかな空気を、私はずいぶん長い間忘れていたなと思い出させられた。こちらまであたたかな気持ちになる台所だった。

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメント書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら