&w

リノベーション・スタイル
連載をフォローする

<111>いろいろなものが、ほどよく“半端”

<111>いろいろなものが、ほどよく“半端”

[F邸]
Fさん一家(夫43歳・妻40歳・長女0歳)
東京都狛江市 築39年/64.62m²/総工費 1070万円

Fさん夫妻からのリクエストは「広々としながらも、居場所感のある空間」に住みたいということでした。奥様が世田谷にある「夏椿」という古い一軒家のお店が好きとのことで、そのお店の和の空間やゆったりと時間が流れる雰囲気をイメージしながら、リノベーションをしました。

空間のポイントは、“曖昧の妙”。玄関に入るとガラスブロックの壁で仕切ったワークスペースがあり、その奥にベッドルームとLDKがあるのですが、その二つを区切る壁は天井までつながっていません。個室であるようで個室じゃない。

その壁のLDK 側には箱畳がついていて、ダイニングテーブルの椅子にもなっています。畳なのですが、小上がりほど大きくはなく、椅子ほど小さくはなく……。90センチはあるので、昼寝くらいはできるという絶妙な大きさです(笑)。いろいろなものが、ほどよく“半端”なんです。

LDKの窓には、白木を組んでサッシをはめました。アルミの世界観が侵入してこないので、どこか戸建て縁側のような暖かい雰囲気ですよね。ここを開けると狭いサンルームのようになっていて、洗濯物を干したりすることができます。

キッチンは機能面重視で業務用のシンプルなものに。ただ、寸法は家庭用に作り直しています。キッチン前のダイニングの床はパーケットに。木枠の窓とあいまって、学校のような感じもします。

ちなみに洗面所を挟んだ二つの木の扉は、Fさんたちが探してきたもの。日本家屋のような雰囲気が生まれました。

マンションでありながら戸建てのようで、ワンルームでありながら、シーンによって“居場所感”がある。絶妙な“曖昧の妙”がこの部屋の魅力です。

(構成・宇佐美里圭)

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメント書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら