&w

リノベーション・スタイル
連載をフォローする

<123>「抜け」のあるLDKを楽しむために

  

[K邸]
Kさん夫妻(夫29歳・妻28歳)
東京都新宿区 築36年/57.52m²/総工費 870万円

施工当時20代だったお二人は、ともに関西出身で、社会人になってから東京へ来られました。バリバリ仕事をなさっているお二人の要望は、とにかく広々としたLDKを楽しめること。将来的に子どもができたらスペースを区切って子ども部屋を造ったり、子どもが独立したら、また広いLDKに戻したり……。そんな風に長いスパンで住み続けることを視野に入れ、プランを考えることになりました。

部屋に足を踏み入れたとき、リビングの広さの印象をどう作るか。それを考えた結果、部屋の中心より右側を水まわりや寝室といったプライベート空間に、左側を広々としたLDKにすることに。こうすることで、玄関からリビングの窓側まで、抜けのある広いLDKを体感することができます。

動線は、帰宅してからの動作をひとつひとつ確認して配置を考えました。「どこに仕事のバッグを置きますか」「どこに傘を置きますか」「着替えるまでどういうルートを辿りますか」など、細かく動作を整理してから図面を引いています。最終的には、玄関横に鞄とコート掛けがあり、帰宅後はそのまま洗面所で手を洗い、ウォークインクローゼットを通って、ベッドルームを抜けるとリビングに出てくるという動線になりました。

現在は、ゆったりとした広さの玄関から中に入るとまずダイニングテーブルがあり、奥にリビングがあります。ただリビングやダイニングの位置は自由に変えられますし、部屋を増やしたくなったら、玄関側に壁を建てて増やせるように設計しています。現場で何度もシミュレーションをしてかなり厳密にやりましたね。

プライベート側は、ベッドルームからバスルームまで一直線に繋がっています。ベッドルームはかなりコンパクトだったため、圧迫感を感じないよう、クローゼットと一体型にしました。アーチ型の入り口がありますが、引き戸はなくオープンです。

寝室とリビングは壁で仕切られていますが、窓側がオープンになっており、空間としてはつながっています。壁があるだけなので、部屋全体が目隠しのあるワンルーム、という感じです。

1LDKをとことんカスタマイズしたら、こうなったという感じのお部屋。選択肢に幅のあるリノベーションをしつつ今を楽しむ……。若い二人にはぴったりのリノベーションでした。

(構成・宇佐美里圭)

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら