&w

リノベーション・スタイル
連載をフォローする

<127>一人でも「毎日きちんと作って食べる」ための部屋

リノベ133-1

部屋全体にトーンの異なるブルー

 [O邸]
 Oさん(男性、30代)
 東京都中野区 築44年/40.48m²/総工費 730万円
    ◇
 最近の住宅事情の傾向のひとつとして、都心でコンパクトな部屋が増えているということが挙げられます。地価の上昇と立地優先の結果、新築でも50平米程度の3LDKというような物件が増えているのです。

 今回ご紹介するのも、そんな部屋のひとつ。Oさんは30代前半の独身男性で、実家から出て都内で暮らす部屋を探していました。もともとていねいな暮らしをしていた方で、一人暮らしをしても、「毎日きちんと作って食べる」という食を中心にした暮らしを望んでいました。

 見つけたのは都内の40平米の中古マンション。40平米というのは、ワンルームにするとわりと広々と暮らせますが、部屋を細かく分けると少し窮屈な感じがする大きさです。ただ、Oさんの希望は、キッチンを充実させてリビングにはソファを置き、収納スペースを作りつつ、寝室は別にしたいということでした。これらをすべてかなえると同時に、より広く感じられるにはどうしたらいいのか……。そこからプランを練ることが始まりました。

 最終的に落ち着いたのは、5.2畳のダイニングキッチンと4.5畳のリビングを中心とし、一方の壁に水まわりを集め、もう一方の壁にウォークインクローゼットと寝室を置いたプランです。40平米でこれだけの要素を詰め込んだので、どうしても何かは我慢しないといけません。そこで、今回はダイニングを思い切ってなくすことにしました。その代わりキッチンをⅡ型にして、幅45mmほどのバーカウンターを付けることに。お皿を置いても余裕があり、バルの一人呑みカウンターのような感じで落ち着いて食事ができます。

 ウォークインクローゼットと寝室は一体型です。二つの空間を区切る壁は天井までつながっていないので、遮断されつつも広さを感じられます。引き戸を開ければ通風も確保でき、湿気を防ぐことができます。ウォークインクローゼットへは玄関から入り、そのまま寝室へ抜けられる動線になっています。スペースの都合で洗濯機をクローゼットの近くに持ってきましたが、かえって使い勝手がよくなりました。寝室はコンパクトですが、ダブルベッドを置いても十分に歩けるスペースがあり、リビング側の壁に窓を付けたので、採光と通風もあります。

 玄関は、室内ドアまでタイルをはることによって、細長い土間空間のように使えるようにしました。自転車もここの壁にかけられます。

 全体のカラーリングは、躯体(くたい)の状態がよかったのでそのままトーンを生かしながら、青をキーカラーに。コンロの壁のタイル、キッチン内側のタイル、引き戸などは全部青ですが、どれも微妙にニュアンスを変えリズムをつけています。

 40平米という限られた広さですが、プライバシーの確保と部屋の広さの体感が両立できる空間が完成しました。このような間取りは汎用(はんよう)性があり、将来的に貸すことになっても、おそらく誰にでも受け入れられやすいでしょう。

(構成・宇佐美里圭)

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメント書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら