&w

リノベーション・スタイル
連載をフォローする

<131>「ドイツの公営団地」に、選び抜いた家具たちと住む

  

[S邸]
Sさん一家(夫40代・妻40代)
板橋区 築33年/72.6m²/総工費 820万円

今回ご紹介するのは、家具やインテリア雑貨が主役のリノベーション事例です。Sさんご夫婦は、もともと家具がお好きで、インテリア雑誌にも付箋(ふせん)がびっしり。相談に来られたときから、お二人とも居心地のいい空間に対するこだわりがありました。

1年ほど物件を探し続けた末に見つけたのは、都心からもアクセスのいい元団地。緑が多く近くに大きな公園もあります。壁式構造なので間取りはほとんど変えられませんが、南向きで条件もよく、この物件をリノベーションすることになりました。

インテリア好きのお二人、いろいろとやりたいことはありましたが、予算の上限は800万円。そこで、コストを下げるためにリノベーション自体は極力シンプルにすることに。基本的に壁は白、ドアは黒のモノトーンでまとめ、家具や雑貨が映える空間を造っていくことになりました。イメージとしては、後で自由にお二人の世界を描ける“キャンバス”を造る感じです。

間取りは、玄関から入ると、右手がベッドルーム、正面がウォークインクローゼット、左手にキッチン、水まわりがあり、その奥に17畳のリビングがあるという構成です。シンプルですが、奥様がフランスのアンティークがお好きとのことで、全体的に“ドイツやオランダの公営団地”をイメージして設計しました。

キッチンはクローズドですが、リビング側の壁に大きな窓を設置したので自然光が入り、開放感があります。内側には白いサブウェイタイルを貼り、ブルックリンスタイルに。

リビングはとにかく“広い”という印象です。Sさんご夫婦は、モノはできる限りウォークインクローゼットに収納し、リビングには置かないようにしているそう。そのため空間に余白があり、実際の広さよりずっと広く感じられます。

そんな広々としたリビングの主役はもちろん家具。ソファ、椅子、キャビネット、ランプ。どれもお二人が厳選したものばかりです。ソファ前のローテーブルは、もともとハイテーブルだったものを、自分たちで短く切ったものだそう。テレビボードはいいものが見つからなかったので、余った床材を近くの公園に持って行き、そこで“日曜大工”をして造ったのだとか。カーテンも、奥様が布を買ってきて造ったオリジナルで、ドアノブは、落成後に自分たちでめっきをはがし、エイジング加工をしたそうです。

“キャンバス”のような空間に、自分たちが好きなモノを自由に置き、理想の暮らしを描く。そんな風に日々自分たちの世界を積み上げていく生活は、とても豊かですね。

(構成・宇佐美里圭)

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら