上間常正 @モード
連載をフォローする

ピコ太郎の人を惹きつける「無意味さ」とは?

日本外国特派員協会で会見するピコ太郎


日本外国特派員協会で会見するピコ太郎

  

 ヒョウ柄の衣装でパンチパーマのおじさんが歌って踊る動画「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」が、ネットを通じて世界的な大人気になっている。今年8月にユーチューブに投稿されてから物まねなどの関連動画も含めると全世界で再生が4億5千万回を超えたという。異例な出来事のようだが、この動画がなぜこんなに人気を呼んだのだろうか?

 この男性の名は「ピコ太郎」。千葉県出身で53歳のシンガー・ソングライターだという。一見こわもてだが、「ペン」と「アップル」「パイナップル」を順につないだだけの歌詞に合わせて、軽やかなステップを踏む。お笑い芸人のたあいのない即席芸のようにも見えるのだが、なぜか心惹(ひ)かれる気がする。歌詞も身振りも乗りがいいだけで、何かを伝えるわけではない。だから逆に、意味を考えさせられてしまうのかもしれない。

 どれも「P」の音を含む3つの単語は、お互いに何の意味の関係もない。そして、歌詞の最初の「I have a pen」は、文としては中学生以上なら誰でも理解ができるが、日常の意味ある文として使われたことはまずないだろう。使われている単語や文は、それぞれ元の意味や文法的な表現としては確かなはずなのに、この歌詞の中では何も意味していないのだ。

 これは例えば、交通標識の赤、黄、青(緑)の信号が、今までの順番を無視して勝手に点滅しはじめた状態と似ている。普通の交通事情の交差点でこんなことが起きれば、困惑してしまうだろう。しかし、もし人も車も全くいない見通しのよい、または前後左右とも混雑で全く動いていない交差点だったとしたらどうか?

 そんな交差点では、信号の規則を勝手に解釈して動くしかない。交通違反になるかもしれないが、自分なりの判断で支障のないように動けばよいのだ。他に人や車がいなければ信号を無視してすすめばよいし、すし詰めなら1台ずつ左にロータリー状に動くほうが合理的だ。そんな時にはきっと、現状にそぐわなくなった規則から抜け出す新鮮な解放感を味わうだろう。とはいえ、その解放感にはある種の不安も伴うかもしれないが。

 ピコ太郎の「PPAP」の無意味に徹した歌詞と踊りに心が動くのは、こうした意味(規則)からの解放感、または規則から離れる不安感が潜んでいるからではないだろうか。あるいは、解放感や不安に至る一歩手前の浮遊するような感覚。そうした感覚を、乗りのいいビートのリズムで誘うのかもしれない。歌詞もよく聴いてみると案外入念に構成されていて、PとAをほかの子音と母音(たとえばTTET)などと入れ換えればいくらでも同じような曲ができる。リズムや身振りにも芸としての質の高さがうかがえる。

 パンチパーマや口ひげ、サングラス、キンキラのシャツ、ヒョウ柄マフラーといったやくざキャラ風の装いにしても、現実にはこんなやくざがいるわけはない。ひげはマジックペンで適当に描いたことがすぐ分かる。この装いは、「やくざ」という記号の意味(キャラ)を全く無意味にしてしまっている。やくざ風のスタイルを選んだこと自体にも意味がないのだろう。

 そういえば「ピコ太郎」は、実際はお笑い芸人や音楽活動をしている古坂大魔王ということのようだ。ピコ太郎はあくまで否定しているが、写真を見比べれば同一人物だとすぐ分かる。つまりピコ太郎というキャラクターや、PPAPの演技は入念に作り込んだ仮構でしかなくて、実在する人物としての意味は全くないのだ。

 意味や規則というのは、安定していることが本来の条件だ。仮構であるピコ太郎の言葉や身振りの浮遊感は、そんな徹底した意味からの逸脱が生み出したものだろう。現代の産業社会が大きな曲がり角を迎えた中で、少し前までは安定していた多くのことの意味が金属疲労のように揺らいできている。ピコ太郎の無意味さはその表れの一つのようにも思え、だからこそ気になるのだ。

 しかし、この人気が長く続くとは思えない。もし「ピコ太郎」の仮構としてのあり方が何か明確な意味をもったり主張したりすれば、「意味がない」という意味を失ってしまうからだ。軽やかな浮遊感の中に既成の意味の限界を問う「毒」が潜んでいるくらいでいい。それでも、たとえば「ポケモンGO」のようなセンスのない不気味さよりずっと魅力的なのだ。

>>「上間常正 @モード」 記事一覧

REACTION

LIKE
COMMENT
0
BOOKMARK

リアクションしてマイルをもらう

連載をフォローする

COMMENT

コメントを書いてマイル獲得! みんなのコメントを見る

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら