&w

リノベーション・スタイル
連載をフォローする

<139>仕事と子育てを両立する、都心の“職住隣接”スタイル

<139>仕事と子育てを両立する、都心の“職住隣接”スタイル

[felice]
Mさん一家(夫48歳・妻48歳・長女12歳・長男8歳)
東京都目黒区 築17年/123.93m²

仕事と子育ての両立は多くの人の課題だと思いますが、最近はインターネットの普及とともに自宅にワークスペースを造る人が増えています。仕事、子育て、暮らしの関係性はますます強くなってきているといえるでしょう。そんな中、SOHOの家を選ぶ人も確実に増加傾向にあります。

デザイナーのMさんご夫婦もSOHOの戸建てを選んだ一組。仕事柄クライアントとの打ち合わせがあるので事務所が必須で、場所も目黒や渋谷など都心部を希望していました。お子さんが2人いるので、理想は1階が事務所で、2階以上が住居の“職住隣接”。とはいえ高額なエリアなのでなかなか手頃な物件が見つからず、ほとんど諦めていたときにこの物件を見つました。前の居住者は建築家の方で、1階を建築事務所に、2階、3階を住居として使っていたので、まさにMさんご夫婦が目指していた暮らし方です。

生活スタイルが似ていたので、それほど大きく変えていません。1階は駐車場スペースだった場所をモルタルの広い玄関にし、正面のドアを開けると事務所に、右側の階段を上るとプライベートスペースへ入るようにしました。事務所は壁をすべて取り払い、躯体(くたい)の鉄骨を出しました。

2階に上がると、書斎兼打ち合わせスペースがあり、水回りを挟んで反対側に寝室があります。書斎には、もともとお持ちだったパシフィックファニチャーサービスの本棚を設置しました。LDKはすべて3階にまとめています。長方形の間取りを生かして中央に細長いキッチンを置き、階段側に子ども部屋、奥にリビングを配置。屋根裏があったのですが、一部天井を開けてトップライトを造り、自然光を取り入れました。屋根裏はロフトのようにして、収納スペースにしています。天井が高くなったので、光あふれる開放的な空間になりました。

戸建ての場合はフロアで「仕事場」と「住まい」に分けやすく、場合によっては増築したり、離れを造ったりすることもできます。ちなみにちょうど今、Mさんご夫婦は、お子さんが大きくなったために改装中です。どんどん可能性が広がっていくのは、戸建てならではですね。

(*写真は、2006年のリノベーション完成時に撮影されたものです)

(構成・宇佐美里圭)

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメント書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら