山道具日記
連載をフォローする

〈50〉山と旅の秘密兵器「REIのコンプレッションサック」

防寒具などかさばる荷物が多くなる冬の山。空気を抜いてコンパクトに衣類や寝袋を収納できるコンプレッションサックは、パッキングの強い味方です。

  

3シーズン用の寝袋を入れた状態。まだ3分の1くらいしか圧縮していないので、まだまだ小さくなります

超コンパクトになるダウンや薄手でも高い保温性を持つフリースなど、最近は防寒具がハイスペック化していますが、それでも防寒具が増える冬山は夏山に比べると格段に荷物が多くなります。

重量が増える分には、がんばって担げばいいのですが、「かさばり」となるとパワーだけでは解決できません。手持ちの50リットルのザックに防寒具が入りきらず、「う~ん、防寒具をひとつ減らさないとダメ?」とパッキング中に頭を悩ませている人もきっと多いことでしょう。

衣類や寝袋は重さはそれほどなくても、とにかくかさばります。ベテランの登山者になると、ダウンや寝袋など圧縮すればとたんにかさが減るものはザックの底に入れて、その上にどんどん重い荷物を入れて「自然圧縮」するという猛者もいるほどです。

しかも私ときたら、ダウンのあの「シャカシャカ」した肌触りと「テカテカ」した質感がどうにも苦手で、防寒着はもっぱらのフリース派です。真冬ともなると厚手のフリースに、中間着として着る薄手のフリースも登場して、荷物の3分の1くらいがフリースに占拠されるというありさま。バックパックにおおかたの装備を詰め込んで、少し空いた隙間にフリースやらネックゲイター(これもフリース地……)を親のかたきのように詰め込んでいます。

普通のスタッフサックと同じように、ぎゅうぎゅうと寝袋を押し込んでいきます

普通のスタッフサックと同じように、ぎゅうぎゅうと寝袋を押し込んでいきます

そんなパッキング地獄から解放してくれる救世主となったのが、「コンプレッションサック」という道具です。一見普通のスタッフサックのようですが、上下をつなぐベルトがついていて、付属のバックルをぎゅーっと引っ張ることによって上下から圧がかかり、中の空気が極限まで抜けていくという便利グッズです。

たとえば3シーズン用の寝袋の場合、コンプレッションなしのスタッフサックに収納したときと、コンプレッションサックに収納したときでは、収納時の大きさが3分の1くらいまでに小さくできます。もちろん重量は変わりませんが、これがあるだけで、夏山と同じバックパックで冬山の大荷物も入れられて、パッキングもたいそう楽になるんです。

出し入れ口はきゅっと絞って、留め具でロックできるしくみ

出し入れ口はきゅっと絞って、留め具でロックできるしくみ

日本でも複数メーカーがコンプレッションサックを作っていますが、私が使っているものはアメリカのアウトドアショップ・REIのものです。日本より格段にサイズ展開が豊富で、冬用の寝袋を収納する大型のものから、Tシャツ1~2枚をきゅっと小さくできるミニサイズまであります。サイズによってカラーが違うのも便利で、出張でアメリカに行くたびに、違うサイズを買って集めています(まあそんなにたくさん必要ないのですが……)。

ベルトを思いっきり引いて、好きな大きさまでコンプレッションしていきます

ベルトを思いっきり引いて、好きな大きさまでコンプレッションしていきます

じつはこのコンプレッションサック、海外旅行の際にも非常に役立ちます。パジャマやタオルなどはミニサイズに、日中着る服たちはミドルサイズに、靴下や下着類は超ミニサイズに、といった具合に、種類ごとに衣類を分けて圧縮できるので、スーツケースがすっきりするうえ、ものを探す手間が省けてとても快適です。まったくアウトドアを知らない友人たちと旅行に行くと、必ずといっていいほど「なに、それ!」と注目を浴びるほど(笑)。

今ではあれもこれも圧縮するのが快感となっていますが、空いたスペースに余計な荷物を入れて、無駄に荷物を重くしてしまうというのが悩み…。その分、ひとまわり小さいバックパックを買ったほうがいいのかしら?と思っている今日この頃なのでした。

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら