山道具日記
連載をフォローする

〈番外編〉山ごはんレシピ3「クスクスカレーの夏」

連載「山道具日記」を担当している編集者の小林百合子さんと写真家の野川かさねさんが結成している登山愛好ユニット「ホシガラス山岳会」の新著『最高の山ごはん』から、小林さんおすすめのお話とレシピ、第3回です。

  

どれだけ山歩きが好きでも、くたびれすぎて、どうしてもごはんが喉を通らないことがあると知ったのは、穂高の山々をつないで数日間歩いていたとき。一日中岩と格闘し、何時間も歩き続けて疲労困憊だというのに、米を浸水させたり注意深く炊飯したりするのは骨だ。でも、かといってアルファ米じゃあ、あんまり味気ない。

ある夏山で、同行の友人がクスクスを白米代わりに食べていた。湯を注ぐだけで戻せるし、小麦だからカロリーもあって腹持ちもいい。重量だって生米よりずっと軽い。とても合理的だ。ひとくち分けてもらって持参のレトルトカレーと食べたら、すごくおいしい。白米よりさらっと食べられるし、食後のもたれもない。クスクスよ、君はなんて素晴らしい山食材なんだ!

それ以来、夏山縦走には白米の代わりにクスクスを持参している。重量が浮いた分、ズッキーニなどの夏野菜をカレーのトッピングに持っていけるのもうれしい。考えてみれば、下界でも真夏に白米はちょっと重い。だから素麺とかひや麦とか喉を通りやすいものを主食にしているんじゃないか。より暑く、食欲がわかない夏山ならなおさら。季節には季節ごとの、気候や体調に合った食事を摂るのが一番なのだ。(金子夏子)

クスクスカレー レシピ

  

材料(4人分)

クスクス
クスクス 1カップ
水 1.5カップ
コンソメ 4.5g
塩 少々

カレー
鶏もも肉 300g(4等分して冷凍する)
炒め玉ねぎペースト 80g
濃縮トマトピューレ 1袋(18g)
カレー粉 大さじ1
クローブパウダー お好みで少々
コンソメ 4.5g
水 4カップ
ミックスナッツ 1/4カップ
塩 適量

作り方

1. クスクスを作る。コッヘルに水を入れて沸かし、沸騰したらコンソメと塩を加えてよく混ぜる。
2. にクスクスを加えてよく混ぜ、水分を吸ってもったりとしてくるまでかき混ぜながら煮る。火を止めてふたをし、10分以上蒸らす。
3. カレーを作る。別のコッヘルに炒め玉ねぎペーストとカレー粉、クローブパウダーを加えて弱火で軽く炒める。
4. に塩以外の残りの材料を加え、沸騰したら弱火にして鶏肉に火が通るまで煮る。最後に塩で味をととのえる。

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら