&w

リノベーション・スタイル
連載をフォローする

<144>3LDK+和室を、ゆったり2LDKに

  

[H邸]
 Hさん一家(夫30代・妻30代・長男4歳・長女1歳~リノベ完了時)
 東京都荒川区 築10年/100.42m²/総工費 910万円
    ◇

 こちらは東京郊外の築10年のマンションです。まだ新しいのであまり修繕する必要はありませんでしたが、100平米の広い空間に使わない部屋があったことと、キッチンを新しくしたいということで、リノベーションをすることになりました。

 大きく間取りは変えていませんが、使わない空間をなくし、それぞれの部屋を少しずつ大きくさせています。たとえば玄関横にあった5.5畳の洋室はウォークインクローゼットとシューズインクローゼットに。玄関前の納戸もなくし、ゆったりとした玄関と玄関ホールにしました。

 クローゼットを1カ所にまとめたことで、主寝室にあったクローゼットがなくなり、寝室もよりゆったりとした空間になっています。今はそこでご家族そろって寝られているそうですが、お子さんが2人いらっしゃるので、将来的には主寝室は真ん中で2部屋に分けられるようにしています。入り口のドアの横に鏡が1枚あるのは、取り外してドアにするためです。

 バルコニー側にあった和室と押し入れも広々としたリビングになりました。リビングの向かいは新しく造作したキッチンとダイニング。リビングで遊ぶ子どもを見ながら料理ができます。奥様が好きなお皿は、オープン棚で見せて収納できるようにしています。

 ダイニングテーブルと棚は既製品ですが、キッチンやフローリングの色に合わせてご主人が塗装しました。本当はDIYをするつもりだったそうですが、時間がなくなってしまい、既製品を買ってきてカラーリングだけ合わせたそう。これはいいアイデアですね。自分でいざ造るとなると場所も道具も必要で、結構大変です。現実的に負担が大きい場合は、買ってきたものにエイジング加工をしたり、家具の色調を合わせたりするというのは賢い方法だと思います。

 部屋の間取りとしては、3LDK+和室だった部屋を2LDKにしたため、それぞれの空間が広くなり、全体的にゆったりとした空間ができました。既存の配線や建具を生かしてリノベーションできるのは築浅物件の大きなメリット。コストダウンにもつながります。

 何が必要で、何が不要か。しっかり吟味することでより豊かな暮らしが実現できます。

(構成・宇佐美里圭)

リノベーションの写真のつづきはこちらへ
写真をクリックすると、各部屋の詳細をご覧いただけます。

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら