ファッションニュース
連載をフォローする

〈ファッションニュース〉小柄な私に似合う服 SNSで着こなし発信

コビットの工房。土江宜さんがサンプルを着て、夫の進太郎さんがサイズをチェック=奈良県広陵町


コビットの工房。土江宜さんがサンプルを着て、夫の進太郎さんがサイズをチェック=奈良県広陵町

 標準サイズのMサイズに比べ、商品も情報も不足しがちなSサイズの婦人服。最近では小柄な人が自ら服を作ったり、SNSで情報を発信したりして人気を集めている。

小柄な私に似合う服 Sサイズブランド、自ら立ち上げ

 Sサイズに特化した婦人服ブランド「コビット」は、身長147センチのデザイナー土江宜(のり)さん(34)と、夫で型紙を作るパタンナーの進太郎さん(32)が2014年に始めた。
 ワンピースやコート、スカートやパンツなど、基本的に1号~9号までサイズがある。商品を選んだあと「丈をもう少し短く」「ウエストを細く」など、体形にぴったり合うようにさらに調整して仕立てる。奈良にある工房やオンラインストア、デパートの期間限定ショップで販売している。
 ブランドを始めたのは「服を探すのにずっと苦労してきた」という宜さん自身の体験がきっかけだった。「社会人になってきちんとした服が必要になったとき、なかなか合うものが見つからなかったんです」。ならば自分で作ろうと服作りの勉強を始めた。
 大人の女性が上品に着られる服を目指し、できるだけ質のいい生地を使う。目立つポイントは上半身に持ってきてウエスト位置は高くするなど、デザインも工夫する。価格帯はワンピースで2万~3万円ほど。買った人からは「合うものはないとあきらめていた」「おしゃれ自体が面倒になっていたのでうれしい」といった感想が届く。

「23区」のSサイズ商品について話す脇坂祐子さん(中央)ら担当チーム=東京都港区


「23区」のSサイズ商品について話す脇坂祐子さん(中央)ら担当チーム=東京都港区

 Sサイズの服の需要は決して多くはない。サイズ展開に力を入れているオンワード樫山の主力ブランド「23区」では、売り上げの約6割をレギュラーサイズ(7号~13号)が占め、約3割がLサイズ(13号~19号)。Sサイズ(1号~7号)は約1割にとどまるが、長く買い続けてくれる傾向にあるという。
 23区のS・Lサイズ専門のクリエーティブチーフデザイナー脇坂祐子さん(53)は「レギュラーサイズをそのまま小さくすればいいというものではないんです」と話す。肩幅やシャツのボタンの位置、服によってはフリルの幅を変えたりとバランスを見ながら補正し、型紙から作り直す商品もある。販売員が売り場で直接聞いた感想も商品づくりに採り入れるので、「売れてしまえばそれで終わりという感覚はないですね」。

SNSで着こなし発信

田中亜希子さんの著書「akiico 100 LOOKS」


田中亜希子さんの著書「akiico 100 LOOKS」

 小柄な女性が自ら着こなしを紹介するSNSも「参考になる」と人気だ。
 身長145センチの田中亜希子さん(37)がコーディネートなどを紹介する画像投稿SNSインスタグラムには、9万7千人のフォロワーがいる。2月には著書「akiico 100 LOOKS 基本10着でも100通りの私になれる!」(KADOKAWA)を出版し、小柄でもスタイルよく見せる方法などを書いた。
 ブログに身長を出してコーディネートを載せるうち「私も小さいんです」と質問などが来るようになり「同じような体形の人の参考になるような情報を発信しよう」と思ったという。

洗練された着こなしがSNSで人気の阿部恵美さん=広島市


洗練された着こなしがSNSで人気の阿部恵美さん=広島市

 身長153センチの会社員、阿部恵美さん(42)=広島市=は、小柄でおしゃれな女性として雑誌で特集が組まれたことがある。シンプルな服に、トレンド感のある小物とハイヒールを合わせたかっこいいコーディネートが得意。自身のインスタグラムには「小柄だけど、かわいくは着たくないっていう同世代の女性からコメントをもらうことが多いですね」と話す。
 雑誌のSサイズ特集で紹介されている服も「試着してみたらぶかぶかのことが結構ある」といい、自分で試して実際に購入したものだけを載せている。「読んだ人の参考になるように、正直に書くことを心がけています」
(長谷川陽子)

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら