&w

MUSIC TALK
連載をフォローする

「家族行進曲」は、いまの私たちそのもの ハンバート ハンバート(後編)

昨年デビュー15年を迎えたハンバート ハンバート。アルバムごとに異なるカラー、世界を見せてきた「理由」とは? そして、二人の目に映るこれからの風景とは?(文・中津海麻子)

(前編から続く)

二人がメインで歌う「おなじ話」がヒット

――2005年にリリースした3rdシングル「おなじ話」がヒットします。掛け合いながら二人で歌うというスタイルも含めて注目を浴びました。

佐藤良成(以下、佐藤) そもそも二人で歌うために作ったわけではなく、最初は歌詞も全然違うものでした。ただ「すごくいい曲ができた!」という手応えはあって。

佐野遊穂(以下、佐野) あのころ曲ができるたびに泣いてたよね。自分の曲でまず自分が泣く(笑)。でも、「歌詞が何かに似てる」って私がダメ出ししたんです。

佐藤 しかも音域が一人で歌うにはちょっと歌いづらい。じゃあメロディーを半分に分けて男女で歌ったらおもしろいかな、と。
僕は小さいころから歌うことが大好きで、自分で歌いたいからバンドを組んだのに、結成した当初から遊穂がメインでボーカルになった。それでも僕は歌いたくてしょうがないから、アルバムには無理やり自分がメインで歌う曲を入れていたんです(笑)。でも、考えてみたら二人ともがメインで歌う楽曲ってなかった。この曲ならそれができるかも、って。

佐野 「じゃあ、会話だね」と。そういう成り立ちでできた曲でした。

――東京だけでなく地方のラジオ局でもパワープレーされ、ハンバート ハンバートの名を一気に広めました。

佐野 その前に出した3枚目のアルバム「焚日」は、良成のあまのじゃくな性格が前面に出て、1曲の中で音のボリュームが突然変わる曲があったりと、今思えばすごく聴きづらい部分がありました。「一生懸命やっているのになんで評価されないんだ?」という当時の気持ちがすごく現れてたんだと。でも、このアルバムを作ったあとに「もう1回素直にやった方がいいかも」という思いになれて、「おなじ話」はそんなときに生まれたんです。

佐藤 ライブでもあの曲をやるようになってから反応が変わりました。それまではライブをやるたびにお客さんが減る一方だったのに、少しずつ増えてきて。CDをリリースしたら各地のラジオ局でどんどんかけてもらって、初めて「感触」がありました。

佐野 それがきっかけとなり、日本各地でライブをするようになって。

佐藤 高知のライブに来た女子高生二人組が「ラジオで聴きました! 一緒に写真撮ってください!」ってすごく感激してくれて。そんなの初めてだった。こっちが感激して写真を撮りたいぐらいでした(笑)。

素直になったり、ひねくれたり。良成は極端なんです(佐野)

――これまで8枚のオリジナルアルバムをリリース。アルバムごとにカラーが違う印象があります。

佐野 「おなじ話」で素直になったのですが、またひねくれたり。良成は極端なんです(笑)。「これだ! これ以外は違う!」と突っ走るんだけど、そうじゃないと気づくと「違った! じゃああっちだ!」と。それがアルバムごとに出るから違って見えるのかも。ここ2、3作はずいぶん落ち着いてきたとは思います。

佐藤 遊穂が付き合ってくれるのでありがたいですね。一生懸命になりすぎて、それが裏目に出ちゃったりするのですが、そのたびに「いいんじゃない?」と言ってくれて。

佐野 私にはないこだわりがすごいなぁと思って一緒にやってきたので、そのこだわりを中和しようと考えたことはありません。やることが尽きないから、飽きることがない。ただ、あまりにも極端に変な曲の場合は、「これはちょっと」と指摘することはあります。

無理に変な服を、音楽に着せたくない

――昨年はデビュー15年を迎え、これまでの代表曲の再録や影響を受けた曲のカバーなどを収録した記念盤「FOLK」をリリースしました。ハンバート ハンバートを語る上でフォークは欠かせないキーワードだと思います。お二人にとって「フォーク」とは?

佐野 言葉の意味はいろんなふうに取れると思うんですが、普段自分たちが生きて過ごしている時間がにじんでくるような音楽を、アコースティックな音でやっていく。それが、「ハンバート ハンバートのフォーク」なんじゃないかな、って思います。

佐藤 いろんなことをやりたいという気持ちは常にあるのですが、とはいえ、子どものころから好きで聴いていたフォークやカントリーが「地」として出てくる。だから、どんなことをしようとも、そこにあらがって無理やり変な服を着せるよりは、自分の作ったものには一番似合う服を着せたい――。今はそんなふうに思っています。ただ、そんなふうに素直に思える時期と、ひねくれちゃう時期と周期があるんだけど(笑)。

細野晴臣さんらゲストミュージシャンを迎えて

――7月、3年ぶりのアルバム「家族行進曲」をリリースしました。聴きどころは?

佐野 アルバムごとにあっちに行ったりこっちに行ったりする中で、今回は「FOLK」同様、サウンドが自然で無理がなく、ハンバートハンバートに似合う服を着られていると思います。

タイトルにもあるように、テーマは家族ですが、そもそも家族を念頭に作ってたわけではないんです。曲ができていく中で、スタッフから「家族の作品が多いね」と言われて気がついて。決して自分たちの家族の歌を歌っているわけではないのですが、自分たちの家族はもちろん、周りの人たちの家族にも意識が行くようになり、自然と家族の物語が出てきた。アルバムってそのときどきの自分たちの姿が見える。そういう意味では、「家族行進曲」は今の私たちそのものだな、という気がしています。

佐藤 「FOLK」からそういう感じになってきたんですが、まず自分がどうしたいのかを遊穂にもスタッフにも明確に伝えて事前にビジョンを共有し、みんなの意見やアイデアを入れながら作っていったほうがいいと気づきました。歌詞や曲、アレンジを何度も手直しし、それをまた聴いてもらってフィードバックして……と、今までで一番時間をかけた。すごく緻密(ちみつ)な作品ができたんじゃないかと思っています。

ニューアルバム「家族行進曲」

ニューアルバム「家族行進曲」

――細野晴臣さんや長岡亮介さんなど、ゲストミュージシャンも参加しています。

佐野 今回は、自由に演奏してもらうのではなく、良成の頭の中にあった音の像を細かく伝えました。そんな制限がある中でも「その人自身」がにじんでくるような演奏をしてもらい、すごく広がりが出た。これはうれしかったですね。

佐藤 細野さんには、曲のほとんどのパーツを録音した状態のデータで渡して、それにベースを入れてください、とお願いしました。戻ってきた音源は、こちらからの要望を踏まえつつも、僕らが今までずーっと聴いてきた細野さんの歌や声、ベースの演奏はもちろん、そして、独特の「間」みたいなものが流れていて、「すごい!」と感激。これがほかのミュージシャンとやる意味の一つなんだなと強く感じました。長岡くんも、こちらが考えているものに準じつつも、ちゃんと彼らしさが出てる。本当におもしろい体験でした。

――ハンバート ハンバートの「これから」は?

佐野 自分たちらしくのびのびと音楽を続ける。それが目標ですね。若くて新しい音楽をやる人たちがどんどん出てくるし、音楽の聴き方も変わってくる。そんな中でも、「自分たちは大丈夫かな?」なんて不安がらずに、ずっとずっと、このままの感じでやっていくことが大事だと思っています。

佐藤 本当にそうだね。正直、いろいろな変化に流されそうになったこともありました。フェスに出ても、周りのバンドやミュージシャンは音が大きくてビートもしっかりしていて、そういう中で自分たちがアコースティックにちっちゃくやることに「負けてるんじゃないか」と思ったりもして。不安や焦りから変に力んでしまうこともありました。

でもある時から、周りとは違うこと、珍しいこと、それが僕らの強みなのかもしれないと思うようになった。自分たちらしく、珍しい存在なら珍しいままで(笑)。流されずに、でもアップデートしながら、ハンバート ハンバートらしい音楽を続けていきたいですね。

ニューアルバム「家族行進曲」収録の新曲「がんばれ兄ちゃん」

ハンバート ハンバート

佐藤良成(さとう・りょうせい 1978年生まれ、神奈川県出身)、佐野遊穂(さの・ゆうほ 1976年生まれ、東京都出身)によるデュオ。

1998年結成、2001年CDデビュー。フォーク、カントリー、アイリッシュ、日本の童謡などをルーツとした、叙情的でユーモアあふれる音楽が支持を集める。海外の伝統音楽系ミュージシャンたちとの共演も多く、2011年にはスコットランド最大の音楽イベント「ケルティックコネクション」に出演。映画「包帯クラブ」(堤幸彦監督)、映画「プール」・テレビ番組「2クール」(小林聡美、もたいまさこ出演)などで劇中音楽や主題歌を担当。「シャキーン!」「おかあさんといっしょ」などの子ども番組や、アニメ「この素晴らしい世界に祝福を!1~2」にも楽曲を提供。最近ではCMソング「アセロラ体操のうた」が話題に。現在はミサワホーム「いついつまでも」、リンナイ「DELICA」のCMソングがオンエア中。

2017年7月5日、細野晴臣、長岡亮介、We Banjo 3など多彩なゲストを迎えながら制作した9枚目のオリジナルアルバム、「家族行進曲」をリリースした。

ハンバート ハンバート公式サイト:http://www.humberthumbert.net/

【ライブ情報】「ハンバート ハンバート行進曲2017」

7月25日 渋谷クラブクアトロ
8月10~11日 長野ネオンホール
8月24日 京都 磔磔
8月25日 神戸チキンジョージ
9月9日 日比谷野外音楽堂
9月15日 名古屋ダイアモンドホール
10月1日 大阪城野外音楽堂
10月12日 仙台Rensa
10月20日 浜松 窓枠
10月29日 広島クラブクアトロ
10月31日 福岡イムズホール
11月26日 Zepp Sapporo

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら