〈金を語ろう〉「金」といつまでも<前編>

豊島逸夫さん(左)と優木まおみさん

豊島逸夫さん(左)と優木まおみさん

第2子の誕生を機に、将来に役立つ確かな資産を残したいと考え始めた優木まおみさん。経済のプロ・豊島逸夫さんに「金」について聞いた。

金は「保険」に近いもの

「金の正しい知識を届けることが私の仕事になっていますが、その際いつも伝えているメッセージがあります。それは、金はもうけるものでなく『ためる』もの、投資というより保険に近いものだということです」と話す豊島さん

「金の正しい知識を届けることが私の仕事になっていますが、その際いつも伝えているメッセージがあります。それは、金はもうけるものでなく『ためる』もの、投資というより保険に近いものだということです」と話す豊島さん

豊島 優木さんは現在子育て中ですね。私の事務所の副代表の働くママに聞くと、子どもを持つと将来のために備えるという発想が強くなるようですね。

優木 それはもちろん思います。ただそこで、金という選択肢を考えたことはありませんでした。金はお金に余裕のある人、資産をもっと増やしたい人が持つものというイメージがあって。

豊島 かつて私が金のトレーダーとしてスイスで働いていた時、同僚の家に招かれ、娘がいつか独立する時に贈る予定だというアルバムを見せてもらったことがあります。最初のページに0歳、次のページに1歳のころの写真があり、各ページに1枚ずつ金貨が収められている。つまりそれは、娘の成長の記録であると同時に、大切なわが子を将来の経済的苦難から守る備えでもあるんです。

優木 すてきなプレゼントですね。お金をそのままもらうよりも、ずっと気持ちが伝わる気がします。

豊島 当時の私にとって、金というのは単なるモニター上の数字でした。現にそのころ、仕事で現物の金にさわったことは一度もありません。しかしそのアルバムを見た時、これこそが本当の金だ、もっと現実の人生に近いものであるべきだと実感したんです。それがひとつの契機となり、しばらくして私はトレーダーをやめました。

優木 その体験は、豊島先生にとっても大きな転機になったんですね。

豊島 今ではテレビや新聞、全国でのセミナーなどを通じて金の正しい知識を届けることが私の仕事になっていますが、その際いつも伝えているメッセージがあります。それは、金はもうけるものでなく「ためる」もの、投資というより保険に近いものだということです。

貨幣と金の大きな違い

「金という選択肢を考えたことはありませんでした。金はお金に余裕のある人、資産をもっと増やしたい人が持つものというイメージがあって」と話す優木さん

「金という選択肢を考えたことはありませんでした。金はお金に余裕のある人、資産をもっと増やしたい人が持つものというイメージがあって」と話す優木さん

優木 私たち日本人には金をためるという感覚はあまりないですけど、海外ではそれが普通なんですか。

豊島 その捉え方は国や地域によってかなり違います。長い歴史の中で政治体制の転換や近隣諸国との争いを何度も経験した国々では、いつか体制が変わって通貨も使えなくなるかもしれないという不安が人々のなかに刷り込まれているようです。私が北京で出会った若い女性は「銀行に預けるより金のほうがずっと安心だ」と言っていました。日本人にはあまりない感覚ですよね。

優木 確かにそうですね。少なくとも、日本円より金を持とうとはなかなか思いません。

豊島 貨幣の価値は、それを発行する国などへの信用によって支えられています。もしもその信用が揺らぐことがあれば、貨幣の価値も下がってしまう。優木さんは「有事の金」という言葉を聞いたことがありますか。どこかの国で戦争や災害があるとその国の通貨は下がりますが、金の価値は変わらない。だから金は、いざというとき頼りになるという意味です。円はこれまで長く安定していましたが、近ごろは日本にミサイルが飛んでくるかもしれないといった話もありますので、有事の金も他人事でなくなるかもしれません。一方、金の価値の源泉は希少性にあります。1トンの鉱石から採れる金はわずか3グラムで、おまけに地球上でまだ採掘されずに残っている金の大半は海底の地中深くにあります。これを利用することは、現実的にほぼ不可能です。

優木 採掘がそこまで大変なことを初めて知りました。金が高価であることにはそんな理由があったんですね。

豊島 もちろん、腐食に強く半永久的に劣化しないので、宝飾品のほか工業用素材として有用なことも価値が下がらない一因です。しかも金は天然資源ですので供給には限りがあり、人間の都合で好きなだけつくるわけにはいかない。そこが貨幣との大きな違いです。

<後編>はこちら

   ◇

豊島逸夫(としま・いつお)
豊島&アソシエイツ代表、経済アナリスト。スイス銀行 チューリヒ・NYでの豊富な相場体験をもとに金の第一人者、そして国際経済のプロとして活躍中。
公式HP http://www.toshimajibu.org

優木まおみ(ゆうき・まおみ)
タレント。1980年生まれ。NHK Eテレ『すくすく子育て』MCのほか、テレビコメンテーター、雑誌モデルなど幅広く活躍中。2017年1月に第2子となる次女が誕生した。

REACTION

LIKE
COMMENT
0

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら