&M

マッキー牧元 うまいはエロい
連載をフォローする

<42>ビールが止まらない。真の「手作り」を律義に守る餃子/十八番

 

出会いはいつも突然にやってくる。

ある日の昼下がり。
突然、無性に餃子(ぎょうざ)ライスとラーメンが食いたくなった。
そう。「餃子ライスにラーメン」は、突発的に、突如として、食べたくなるものなのである。

「餃子ライスにラーメン」を求めて歩く。
できればどの街にでもあるような店で、やや古い感じがいい。
その店はあった。

「十八番」。店名がいかにも街の中華ですと語っている。
すすけた料理のサンプル、油でてかっている店内メニュー、コショウやしょうゆ差し。
お世辞にもきれいとは言えない。
うむ。実に理想的である。
だが、値段を見て首をかしげた

餃子550円、焼売(しゅうまい)650円、ラーメンにいたっては700円もする。
五目そばは1100円と、かなり強気の設定である。
しかし頭は、「餃子ライスにラーメン」で一杯になっている。
座るなり「餃子」。と頼む。

餃子を焼き始めた頃合いを見計らい「ビール」と頼む。
冷たいビールとザーサイを入れた小皿が運ばれた。
ザーサイでビールを半分、ゆっくり飲む。
すると、ちょうど餃子が運ばれてきた。

 

「おおっ」。街の中華のそれとは、一線を画すそのお姿は、実に凛々(りり)しい。
焼けた茶色い面と白い皮のグラデーションが明確で、ふっくらとしている姿は、間違いなく自家製の皮であると推測した。

餃子についてきた小皿には酢とコショウ。
ザーサイが入ってきた小皿には、酢としょうゆとラー油、少し一味。
まずは酢コショウをつけて、口に運ぶ。
自家製の皮がカリリと音を立てて弾け、香ばしさが鼻に抜ける。

 

皮にもちりと歯がめり込むと、肉のあんに到達し、ほの甘い肉汁が飛び出しそうになるので、慌てて、吸うようにかじりつく。
そこへ、すかさずビール。

うまい。

次に酢じょうゆ油、ラー油。
皮に歯が包まれると、気分が優しくなる。
再びビール。

うまい。

客が来なくとも、理解する客がほとんどいなくとも、真の「手作り」を律義に、丹念に曲げていない。
情報化社会になっても、こんな店もある。
誠実な味わいにうれしくなった。

餃子の命は皮である。
そのことを、中野「十八番」の餃子は証明している。

中野「十八番」

 

環七通り沿いに面した、やや不便な場所にある、一見普通の中華料理店。しかし餃子や焼売の皮、麺も手作りである。焼き餃子はぜひ。また焼売もうまい。箸でつかむとずっしり重い。皮が薄いながらも存在感があって、肉汁に富むあんが一体になって、口に攻め込んでくる。やや甘い味付けも、ちょいと下品でいい。

辛子酢じょうゆをたっぷりつけて、「はふはふ」とほお張れば、幸せに満ちる。小麦の甘い香りを放ちながらモチモチと弾む自家製麺のコシが、具材との歯ごたえの対比を生んで楽しい、「焼きそば」もおすすめ。

【店舗情報】 東京都中野区大和町2-2-2

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら