&w

リノベーション・スタイル
連載をフォローする

<171>趣味とともに暮らす。リビングを充実した生活空間に

<171>趣味とともに暮らす。リビングを充実した生活空間に

[O邸]
Oさん一家(夫33歳、妻31歳、長女1歳)
東京都練馬区 築17年/111m²

    ◇

 広いリビングに設置したキッチンとDJブースをつなぐ長い木のカウンターが印象的なリノベーション。最近の傾向のひとつ、“リビ充(リビング充実)”の好例といえるでしょう。

 もともとこちらはOさんのおじいさまが建てた2階建ての家。おじいさまが亡くなった後、Oさんは奥さまの妊娠を機に実家に戻り、空いていた1階をリノベーションしてご家族で住むことに。家はもともと1階と2階で玄関が分かれている重層長屋だったので、すでに二世帯が住みやすい状態でした。

 Oさんのご希望は、広くて明るいリビングと自転車やベビーカーが置ける土間があること、趣味のレコードや本、衣類をしまえる場所、DJブース、大きなキッチンがあること……など。そこで、もともとあった2間の和室を一つの広いリビングにし、そこにお二人の趣味を詰め込むことにしました。

DJブースの機器は、天板に隙間なく収めた


DJブースの機器は、天板に隙間なく収めた

 広々としたリビングにはご希望通りの大きなキッチンとDJブースを隣り合わせて設置しました。その二つを5.6メートルの木のカウンターでつないでいます。キッチンとDJブースが隣り合っているので、油や水がはねないよう少し間をおきました。カウンターの下はトンネルのようにくぐれるようになっており、お子さんの格好の遊び場のよう。キッチンカウンターの全面は黒板になっていて、絵を描いたりすることもできます。木を多用していますが、ところどころ黒で締めているので、ほんわかしすぎず、大人っぽい印象です。

 サンルームだった場所は、ゴロゴロひなたぼっこができる畳スペースと土間にしました。寝室はリビングの裏にありますが、そこへ行くには本やレコードが壁にびっしりと収まった廊下をくぐり抜けていきます。毎晩、好きなものを眺めながら寝室に行けるんです。

リビングから玄関方面を見る


リビングから玄関方面を見る

 Oさんは「何でもデータで保存する時代、レコードや本の魅力はそれがモノであること」とおっしゃっていました。モノであるからこそ、それを目にしたときに“出合う”ことができます。廊下のレコードや本の収納は子どもにいつか偶然の出合いを作るための“装置”なのです。

 アナログの感覚を大事にしながら、長く、楽しく住む家……。ゆったりしたスペースにお二人の趣味がつまった遊び心ある部屋ができあがりました。

(構成・宇佐美里圭)

リノベーションの写真のつづきはこちらへ
写真をクリックすると、各部屋の詳細をご覧いただけます。

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら