クリトモのさかな道
連載をフォローする

冷凍庫に入りきらない魚介類の調理法

我が家には冷凍庫が二つあります。一つは冷蔵庫の一番下の段。もう一つはガレージに設置したストッカー。その二つの冷凍庫がもう限界。しばらく冷凍庫のお掃除メニューで過ごすことにしました。

冷凍庫に入りきらない魚介類の調理法

クスクスサラダ。苦い野菜と合わせるのが今の気分

今一番オススメなのは、クスクスサラダ。戻したクスクスにお好みの野菜を刻み、塩を振って焼いた魚をほぐし入れてオリーブオイルと塩、レモンなどで味付けをしたもの。サラダ感覚で前菜として食べるのが好きです。お弁当にもいいですよ。

冷凍庫に入りきらない魚介類の調理法

スペシャルなリゾット。グラナパダーノ1/4サイズをいただきました

次はリゾット。私は生米から作りますが、余ったご飯、白ワイン、コンソメ、チーズがあればリゾット風になります。前出の材料を混ぜて火にかけ、塩焼きやソテーなど加熱した魚介類を混ぜ合わせて最後に塩、オリーブオイル、バターで味を調えたら出来上がりです。

冷凍庫に入りきらない魚介類の調理法

汁気多めで作ってチーズを絡めるとちょうどいい固さになります

ちなみに私はかなりスペシャルなリゾットを作りました。仕事でチーズの塊をいただいたので、真ん中をくりぬき、その中にリゾットを入れて混ぜ合わせることで熱でチーズが溶けてチーズリゾットになる、といったもの。しかも具は軟らかく煮たアワビです。ちょっとまねしづらいですよね。でも全て冷凍庫に眠っていたものです。

冷凍庫に入りきらない魚介類の調理法

クロムツのソテーのクリーム煮。大きさは隣に置いたスマホを参考にしてください

魚のソテーのクリーム煮は一番作っているかもしれません。魚の切り身が残ってしまったら、塩で下味をつけたら小麦粉をつけて油でソテーします。そのあと、白ワインを入れてふたをして蒸し焼き状態にして魚の中までゆっくり火を通します。水分がだいぶ減ってきたら生クリームを入れて煮込み、とろみがついたら塩で味を調えてできあがりです。

今回はフランス土産の乾燥モリーユ茸をいただいたので、モリーユ茸味の濃厚クリームにしました。魚は冷凍庫で場所をとって困っていた大きな黒ムツの尻尾の方、半身。この大きさで半身なんですよ。余った身はグラタンかパスタにもなるので是非作ってみてください。
 

「クリトモのさかな道」バックナンバー

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら