&w

リノベーション・スタイル
連載をフォローする

<184>ちょっと都心を離れて暮らしてみたら…

【K邸】
Kさん一家(夫、妻、子ども)
千葉県浦安市 築18年 /100.87㎡

 Kさんご夫婦はもともと川崎に住んでいました。休日はよく二子玉川に出かけるおしゃれが好きなご夫婦です。子どもが生まれたことをきっかけに、奥様の実家のある浦安でマンションを購入し、リノベーションすることにしました。

 奥様はアパレル関係の仕事をしていることもあって、二子玉川が大好きだったそう。最初は二子玉川から遠くなることに抵抗があったけれど、仕事を続けるためには両親の手を借りたい……とホームグラウンドに戻りました。

 とはいえ、引っ越してみるといいことばかりだったそう。子育ての環境が整っていて、100平米を超える広い部屋と、バルコニーからは海が見えるすばらしい物件に住むことができたのです。都心を離れると部屋は広く、リーズナブルになるというメリットがあります。

<184>ちょっと都心を離れて暮らしてみたら…

アウトドア用の椅子を置いてくつろぐこともできる広いバルコニー

 リノベーションは比較的オーソドックスなプランで進めました。バルコニー側に広いリビングとキッチンが並び、玄関側にゲストルームと主寝室、ウォークインクローゼット、水周りなどを集めました。

 100平米あると、全体的にゆったりとしますね。玄関はおよそ2.5畳。窓のついた土間のような空間で、スチールサッシで区切られているためインナーテラスのようです。植物も置いてあり、入った瞬間華やかな印象を受けます。また、同じ空間に0.6畳のシューズインクローゼットや1畳の書斎も造りました。

<184>ちょっと都心を離れて暮らしてみたら…

リビングの隣は引き戸で仕切れるゲストルーム。奥に見えるのは玄関バルコニー

 キッチンも8.1畳と広く、パントリーや壁付けのデスクがあります。ウォークインクローゼットは二つあり、季節のものを分けて収納しているようです。サニタリールームももちろんゆったり。ダブルシンクで、忙しい朝もイライラせずに使えます。4枚の引き戸でリビングと隔てられたゲストルームは、現在はお子さんのプレールームに。おもちゃなどすべてここに収納されています。

 自分の好きな街に住めることは、中古物件を買ってリノベーションをするメリットですが、Kさん一家の場合は、あえて家族や親戚の住んでいる街を選び、仕事と子育ての両立や暮らしも充実し、総合的にクオリティー・オブ・ライフ(暮らしの質の豊かさ)が上がるということもあるのです。

(構成・宇佐美里圭)

リノベーションの写真のつづきはこちらへ
写真をクリックすると、各部屋の詳細をご覧いただけます。

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら