&w

花のない花屋
連載をフォローする

「借金を背負うことになる」の忠告も……。こっそり会いにいった離婚した父親へ花束を

「借金を背負うことになる」の忠告も……。こっそり会いにいった離婚した父親へ花束を

〈依頼人プロフィール〉
田辺真由美さん 48歳 女性
北九州市在住
会社員

    ◇

小学校に上がる前に父と母が離婚しました。原因はいろいろと大人の事情があったのでしょうが、決定的だったのが父の酒乱と暴力でした。

タクシードライバーだった父は普段はとてもやさしく、一人娘の私をとてもかわいがってくれましたが、お酒を飲むと豹変(ひょうへん)。あるとき、父が酔って母と言い争いをしていたので私が止めようと間に入ると、玄関のドアに投げ飛ばされ、軽いけがをしました。この一件で母は私を連れて実家に戻り、その後離婚に至りました。

母や母方の親戚からは父と連絡を絶つようにと言われていましたが、気になっていた私は、幼い頃の記憶をたどって家を見つけ、こっそりと父の様子を見に行っていました。

それから時が経ち、私の結婚が決まったときは、母に内緒で結納の写真と手紙を送ったこともあります。周りからは「父と関係を持つと老後の面倒をみることになる」「借金を背負うことになる」などと言われ、距離を置くように忠告されていましたが、出産後は子どもの入園、卒園、入学など節目節目で連絡をとり、こっそりと会うこともありました。父はその都度、子どもたちへのお祝いを持ってきてくれました。

そんな父はずっと独りで暮らしていましたが、昨年末、77歳で亡くなりました。晩年はガンを患い入退院を繰り返していたそうですが、「迷惑をかけるから」と、私たちには秘密にしていたのです。

お葬式が終わり遺品を片付けていると、さまざまな家族の思い出の品々が出てきました。私の小さい頃の写真、洋服、お人形、父に書いた手紙、似顔絵、落書き……結納時に送った手紙と写真も大切に保管されていました。聞けば、父は老人会などでよく私の写真を見せては、小さい頃の思い出話をしていたそうです。

ぜいたくをすることもなく、年金で細々と暮らしていた父……。周りに「いつか借金を背負うことになる」と言われていた父は、実際には私の名義でわずかながらの貯金をしてくれていました。通帳の中には、角が擦れて色が変わった、赤ちゃんの私と父が写った写真が挟まっていました。

これまではずっと母側からの話ばかりを聞いてきましたが、父が亡くなってからは、そんな遺品や父の友人たちの話から、私の知らない父の姿が浮かび上がってきた気がします。真由美という名前も、父がつけてくれたそうです。もっと父に会いたかった……今となっては後悔ばかりがわきおこってきます。もう会うことはかないませんが、せめて天国へいる父へ、ありがとうの気持ちを込めてお花を贈りたいです。

父はお花が大好きで、幼い頃ドライブに連れて行ってくれると、よく道ばたのタンポポやコスモス、マーガレットなどのお花をつんでは私の髪に挿してくれました。ロマンチストなところがあり、母と仲が良かった頃はバラを贈ることもあったそうです。ぜひ、ピンク系の花を使い、ぱっと華やかでかわいらしい花束を作っていただけないでしょうか。

「借金を背負うことになる」の忠告も……。こっそり会いにいった離婚した父親へ花束を

花束を作った東さんのコメント

自分も九州男児なのでわかるのですが、つつましく生きていくことに共感できました。別れてしまったにもかかわらず一生懸命、娘さんのことを思い続けていたのだと思います。自分の知り合いのお父さんが思い浮かんだり。応募者の方はお父さんのことをしっかり理解できているので、素晴らしいと感じました。そういった魂みたいなものを表現したいと思いました。

花材はマーガレット、レースフラワー、アスター、ヒペリカム、カーネーション、エピデンドラム、アルストロメリア。ご仏前に供えることができるのであれば、お父さんは娘さんの気持ちを感じとれるのではないでしょうか。

「借金を背負うことになる」の忠告も……。こっそり会いにいった離婚した父親へ花束を
「借金を背負うことになる」の忠告も……。こっそり会いにいった離婚した父親へ花束を
「借金を背負うことになる」の忠告も……。こっそり会いにいった離婚した父親へ花束を
「借金を背負うことになる」の忠告も……。こっそり会いにいった離婚した父親へ花束を

ライター・宇佐美里圭

読者のみなさまから「物語」を募集しています。

こんな人に、こんな花を贈りたい。こんな相手に、こんな思いを届けたい。花を贈りたい人とのエピソードをお寄せください。毎週ひとつの物語を選んで東さんに花束をつくっていただき、花束は物語を贈りたい相手の方にプレゼントします。その物語は花束の写真と一緒に、&wで紹介させていただきます。

応募フォームはこちら

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら