&Travel

永瀬正敏フォトグラフィック・ワークス 記憶
連載をフォローする

(14) ピカソの見つめる先が不思議 永瀬正敏が撮った南仏

国際的俳優で、写真家としても活躍する永瀬正敏さんが、世界各地でカメラに収めた写真の数々を、エピソードとともに紹介する連載です。つづる思いに光る感性は、二つの顔を持ったアーティストならでは。南仏でアートの巨匠に触発されたこの1枚、実は不思議な光景を撮っていました。

(14) ピカソの見つめる先が不思議 永瀬正敏が撮った南仏

© Masatoshi Nagase

この方は、アートの巨匠パブロ・ピカソ。南フランスのアンティーブにあるピカソ美術館の外壁にかけてあった巨大な写真と、すごい表情をした雲を入れて撮った。海岸沿いの古城を利用した、すてきな美術館だった。

あまりにもインパクトの強い肖像写真なので、顔半分でもじゅうぶん何かが現れる。空に放つ思いが感じられる視線。見据えているのは未来だろうか。実際、彼の作品は、現在も世界中の人々に大きな影響を与えている。

美術館へ来るまで、何度も道に迷ったため、中の展示品を見て電車でカンヌに戻ろうとすると、夜の仕事に間に合わない時間になっていた。残念といえば残念だけど、僕は、この1枚が撮れたからもう十分、という気持ちだった。

撮った時には気づかず、後で指摘されたのだけれど、ピカソの口のすぐ左、雲の上に、右向きでこちらに背中を向けた人が立っているようにも見える。もしかするとその「人」は、ピカソが呼んでくれたのかもしれない。

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら