&w

高山都の日々、うつわ。
連載をフォローする

#3 夏の麺と沖縄のガラス。

長かった梅雨が明けて、太陽の光が降り注ぐ夏がやってきた。
待ち焦がれていた夏だというのに、こうも暑いと朝からぐったり。
そんな日は早起きして、涼しい時間帯に軽くランニング。
体が汗をかくことに慣れてくると、だんだんと暑さにも慣れてくるから不思議。

#3 夏の麺と沖縄のガラス。
#3 夏の麺と沖縄のガラス。

少し早めの昼食に何を食べようか。
キッチンに立つのは好きだけれど、真夏はできるだけ火は使いたくないな。
そんなときに助かるのが素麺(そうめん)で、夏の我が家には欠かせないお助け食材。

ゆでてしっかりと冷水で締めた素麺に
トマトやキュウリなどの夏野菜とハーブをたっぷり。
タンパク質も一緒にとりたいから、ツナ缶も。
仕上げにナンプラーを少しとライムをキュッと絞ると、
ふんわりと南国の香りが漂って、暑い夏の空気にすごくよく合う。

#3 夏の麺と沖縄のガラス。
#3 夏の麺と沖縄のガラス。

器は沖縄を旅したときに手に入れた沖縄のガラスボウル。
当時は器を少しずつ集め始めてはいたものの、ガラスの器はまだ持っていなくて。
奇麗だな、欲しいなと思いつつもなかなか手に取れなかったのは、
大雑把な自分の性格が一番の理由。

きゃしゃで繊細なイメージのあったガラスの器。
でも、沖縄の工房で出会ったその沖縄のガラスはずっしりと重くて、
丸みを帯びたフォルムと厚みがなんだか頼もしい感じ。
これなら私の暮らしにもなじむかもしれない。
何より、沖縄のどこまでも青い海を思わせるブルーの縁取りが美しくて
迷わず持ち帰った。

じりじりと暑い東京の夏。
キンキンに冷やした真っ白な素麺と、鮮やかな夏野菜、緑いっぱいのハーブ。
透明のボウルに盛ると、断面に奇麗な色彩が透けて、とっても涼やか。
まるで沖縄の食堂で食べているような気分になれて、
ああ、やっぱり夏っていいな。
そう心底、思えた。

#3 夏の麺と沖縄のガラス。

今日のうつわ

〈沖縄県 おおやぶみよさん〉のガラスボウル

繊細だし、壊したらどうしよう……と、なかなか手に取れなかったガラスの器のイメージを変えてくれたのがおおやぶさんのガラス。誕生日プレゼントに彼女の箸置きをもらったのをきっかけに、沖縄を旅した際に工房を訪れました。厚みのあるガラスは耐久性があって、重ねて収納しても大丈夫。ガラスの器でも毎日気軽に使っていいんだと教えてくれた器です。

ライムとハーブは伊藤環さんの器です。

(写真 相馬ミナ 構成 小林百合子)

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら