&Travel

永瀬正敏フォトグラフィック・ワークス 記憶
連載をフォローする

(22) ニューヨークの地下鉄は美しい! 永瀬正敏が写真に切り取った

国際的俳優で、写真家としても活躍する永瀬正敏さんが、世界各地でカメラに収めた写真の数々を、エピソードとともに紹介する連載です。つづる思いに光る感性は、二つの顔を持ったアーティストならでは。今回はニューヨークの地下鉄です。久しぶりに乗った車両で永瀬さんが感じた、意外な印象とは。

(22) ニューヨークの地下鉄は美しい! 永瀬正敏が写真に切り取った

© Masatoshi Nagase

ニューヨークの地下鉄って、照明の照り返しも含めて、こんなにきれいだっただろうか。意外な心持ちがして、思わずシャッターを切った。2015年のこと。撮影させてもらう人のお宅や事務所に行く途中か帰りか、あるいは、ご飯を食べたあとか。いずれにしても、随分きれいだなと思ったことを、鮮明に覚えている。

かつてニューヨークの地下鉄といえば、危険な場所の代名詞みたいな印象があった。僕がはじめてニューヨークで4カ月ほど暮らした1990年は、車両も駅も落書きだらけで、車両もどこか薄暗かった。けれど、この時はまったくそんな感じではなかった。25年ほどたったとはいえ、こんなに変わってしまうものかと、驚いた。

あのころは、トークンと呼ばれるコインのようなものを改札機に入れて乗った。僕がいた場所の最寄りだったキャナルストリート駅にはまだ銃弾の跡があった。駅のトークンの売り場では、小さな穴がいくつもあいたガラスの向こうに、女性の職員が座っていた。ガラス越しじゃないと危険だったのだろう。

改めてこの写真をみると、いかにもニューヨークの地下鉄だな、という雰囲気はそのままだ。いろいろな人種や国籍や表情の人が乗りあわせているところが。ひょっとすると、僕がこの時感じたのは、車両の清潔さや安全さだけではなく、そういうニューヨークの多様性も含めての美しさだったのかもしれない。

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら