原田治展 「かわいい」の発見

たとえ原田治の名を知らずとも、そのかわいらしいキャラクターたちには見覚えがあるはずです。

1970年代後半から90年代にかけて、女子中高生を中心に爆発的な人気を博した「OSAMU GOODS(オサムグッズ)」の生みの親、原田治。50~60年代のアメリカのコミックやTVアニメ、ポップアートなどから影響を受けたイラストレーション――とりわけ、簡潔な描線と爽やかな色彩で描かれたキャラクターたちは、その後の日本の“かわいい”文化に多大な影響を与えました。

没後初の全国巡回展となる本展では、イラストレーターとして活動する端緒となった、1970年代『an・an』の仕事をはじめとして、広告・出版・各種グッズなど多分野にわたる作品を中心に、幼少期~20代前半の初期資料や、エッセー集『ぼくの美術帖』関連資料も交えて展示。時代を超えて愛される、原田治の全貌(ぜんぼう)に迫ります。

展覧会の開催にあわせ、原田治が1982年に出版した、最初の書き下ろし美術エッセー集『ぼくの美術帖』が新装復刊されます。また、ミュージアムショップでは多彩なOSAMU GOODSを販売。新作グッズの先行販売をはじめ、昔懐かしい復刻商品も。この機会をお見逃しなく!

フォトギャラリーへ(写真をクリックすると、くわしくご覧いただけます)

原田治展 「かわいい」の発見
Osamu Harada: Finding “KAWAII”

会期:2019年7月13日(土)~9月23日(月・祝)
会場:世田谷文学館(東京都世田谷区南烏山1-10-10)
TEL:03-5374-9111 FAX:03-5374-9120
開館時間:10:00~18:00(展覧会入場、ミュージアムショップの営業は17:30まで)
休館日:毎週月曜日(ただし月曜が祝日の場合は開館し、翌平日休館)
観覧料:一般800(640)円、65歳以上・高校・大学生600(480)円、
障害者手帳をお持ちの方400(320)円、中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金 ※9月16日(月・祝)は60歳以上無料
主催:公益財団法人せたがや文化財団 世田谷文学館
https://www.setabun.or.jp/

REACTION

LIKE
COMMENT
0
BOOKMARK

リアクションしてマイルをもらう

COMMENT

コメントを書いてマイル獲得! みんなのコメントを見る

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら