&Travel

魅せられて 必見のヨーロッパ
連載をフォローする

歩かずに楽しめる絶景 ドイツ最高峰ツークシュピッツェ 

ツアーの行き先としてはあまりメジャーではないけれど、足を運べばとりこになってしまう。そんなヨーロッパの街を、ヨーロッパを知り尽くした作家・写真家の相原恭子さんが訪ねる連載「魅せられて 必見のヨーロッパ」。今回はドイツ最高峰ツークシュピッツェ。歩かずに絶景が楽しめるというのですが、なぜ?

ドイツ最高峰は2962m

切り立った山々が連なるヨーロッパ・アルプス。その中で、ドイツの最高峰はツークシュピッツェ(標高2962m)です。

歩かずに楽しめる絶景 ドイツ最高峰ツークシュピッツェ 

ツークシュピッツェ

ツークシュピッツェへの拠点となる街、ガルミッシュ・パルテンキルヘンは、アクセスが非常に便利。ドイツ鉄道でミュンヘン中央駅からガルミッシュ・パルテンキルヘン駅へ、乗り換えなしで1時間22分です。

そこから、バイエルン・ツークシュピッツ登山鉄道で、ツークシュピッツェやアルプシュピッツェ(2628m)の中腹にあるオスターフェルダーコプフ(2050m)などへ登れます。

https://www.auf-die-zugspitze-wandern.info/karten/(登山鉄道のルートを示すドイツ語サイト)

歩かずに楽しめる絶景 ドイツ最高峰ツークシュピッツェ 

ツークシュピッツプラット駅

歯車をかみ合わせる3本目のレールを持つラック式鉄道が山の斜面のトンネルを抜けると、ロープウェーとの乗り換え駅、洞窟のようなツークシュピッツェプラット駅のプラットホームに至ります。

山頂駅までロープウェーで

歩かずに楽しめる絶景 ドイツ最高峰ツークシュピッツェ 

ツークシュピッツプラット駅周囲の山

歩かずに楽しめる絶景 ドイツ最高峰ツークシュピッツェ 

ツークシュピッツプラット駅周辺の山

さらにロープウェーでツークシュピッツェ駅(山頂駅)へ。歩いて登らずに、子供でも、お年寄りでも山頂駅まで行けます。脚力は問われませんが、高地ですから、心臓や血圧などの疾患や高山病には注意が必要です。

歩かずに楽しめる絶景 ドイツ最高峰ツークシュピッツェ 

山頂駅の周囲を見晴らす展望台やレストランなどの施設

山頂駅の周囲には展望台やレストランなどがあり、レストランのメニューは豊富です。ワインやビール、シュナップス(焼酎)もあり、料金は街中とあまり変わりません。ワインやビール、水などの飲み物や料理などは、鉄道とロープウェーで山頂駅のレストランまで運べるからだそうです。

山頂近くのレストランで舌鼓

歩かずに楽しめる絶景 ドイツ最高峰ツークシュピッツェ 

「氷河レストラン・ゾンアルピン」でいただいたランチ

「氷河レストラン・ゾンアルピン」でランチをいただきました。牛肉のペッパークリームソース、アスパラガスとジャガイモ添えです。山頂でもきちんと調理したおいしい料理でメニューが豊富です。

歩かずに楽しめる絶景 ドイツ最高峰ツークシュピッツェ 

さらに十字架まで登ることもできます

レストランなどがある場所からさらに、自己責任で、十字架のある山頂まで登ることもできます。天気が良い日はスイス、イタリアまで山並みを見渡せる360度の眺望はまさに絶景。これまでに7月と8月に計3回、十字架まで登り爽快な気分を味わいましたが、今回(6月下旬)は雪が多く、スニーカーでは無理だと断念しました。

紺碧のアイプゼー湖にうっとり

歩かずに楽しめる絶景 ドイツ最高峰ツークシュピッツェ 

アイプゼー駅とツークシュピッツェ駅(山頂)を結ぶロープウェー

帰路はロープウェーでアイプゼー駅へ降りました。山々と緑の林と紺碧(こんぺき)のアイプゼー湖が調和した風景はみごと!

歩かずに楽しめる絶景 ドイツ最高峰ツークシュピッツェ 

アイプゼー湖

アイプゼーの湖畔(こはん)では、日の光でエメラルド色や水色に変化する水の色が美しくて、眺めていると時を忘れてしまいます。

歩かずに楽しめる絶景 ドイツ最高峰ツークシュピッツェ 

ホーホアルム駅

翌日はオスターフェルダーコプフへ

翌日、アルプシュピッツェバーン(ロープウェー)でオスターフェルダーコプフへ登り、さらにホーホアルムバーン(ロープウェー)でホーホアルム駅へ降りました。

歩かずに楽しめる絶景 ドイツ最高峰ツークシュピッツェ 

ホーホアルム駅から続くハイキングロード

歩かずに楽しめる絶景 ドイツ最高峰ツークシュピッツェ 

愛らしい高山植物

山々や高山植物を眺めながらクロイツエック駅へ1時間あまりの短いハイキング。冷たく澄んだ空気に癒やされます。

クロイツエック駅(1651m)からクロイツエックバーン(ロープウェー)で山を下りました。

歩かずに楽しめる絶景 ドイツ最高峰ツークシュピッツェ 

きちんと表示された道しるべ

今回はほとんど歩かずに登山鉄道とロープウェーで巡りましたが、至るところにハイキングロードがありますから、体力に合わせて部分的にハイキングもできますし、本格的な登山もできます。

ドイツ人登山家とオーストリアからイタリア方面へ山小屋に4泊しながら、ザイル(ロープ)を巻いて、アイゼン(靴底の滑り止め)を履いて約4000mまで登ったことがありますが、氷河や雪に囲まれた雲の上は別世界。山の魅力を初めて実感して、超印象的な旅でした。

ここツークシュピッツェ周辺で、夏はヒュッテに泊まりながら登山したり、冬はスキーも楽しみたいものです。

ツークシュピッツェ
https://zugspitze.de/en/sprachen/japan

登山鉄道の大まかなルート
https://www.auf-die-zugspitze-wandern.info/karten/

「Gletscherrestaurant Sonnalpin (氷河レストラン・ゾンアルピン)」
https://zugspitze.de/de/winter/berge/zugspitze/gastronomie-winter/sonnalpin

レイルヨーロッパ
http://www.raileurope.jp

REACTION

LIKE
COMMENT
0
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら