&Travel

永瀬正敏フォトグラフィック・ワークス 記憶
連載をフォローする

(33)バーでぼんやり浮かび上がるふたり 永瀬正敏が撮ったニューヨーカー

国際的俳優で、写真家としても活躍する永瀬正敏さんが、世界各地でカメラに収めた写真の数々を、エピソードとともに紹介する連載です。つづる思いに光る感性は、二つの顔を持ったアーティストならでは。今回はニューヨークのディープなバーで撮った、奥にいるふたり。永瀬さんがカメラを向けたわけは?

(33)バーでぼんやり浮かび上がるふたり 永瀬正敏が撮ったニューヨーカー

©Masatoshi Nagase

ニューヨークに住む友達が行きつけにしている、地元の人が集まる小さなバーで撮った。「おもしろいバーがあるから」と連れていってくれたのだ。照明が全部赤いことには驚いたけれど、淫靡(いんび)な感じはまったくない。仕事が終わって一杯飲みに来る、出版やファッション関係の人が多い店だときいた。

赤ばかりの照明の中で、カウンターの奥に座ったおふたりがぼんやりと浮かび上がっていた。一緒にのぞき込んでいたスマホの光があたっていたため、そこだけ明るく見えたのだ。すごくいい照明があたっているなと感じて、カメラを向けた。

僕が一番仲良くなったのは、ここで何十年もセキュリティー(警備員)をしている人。連れていってくれた友人の友達で、すごくいい人だった。この店は人気があるのか店内は満席で、僕も立ったまま飲んでいた。店外で飲んでいる人も結構いて、通行人とのトラブルを避けるためにも、セキュリティーがいるのだろう。

店で飲んでいる人たちは、知らない人同士かもしれない。でも、常連さんが多いのか、人と人との距離が密に感じられる、すごくポジティブな空間だった。こういう場所に身を置いていると、自分の心も開かれていく気がする。

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル

    *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら