永瀬正敏フォトグラフィック・ワークス 記憶
連載をフォローする

(36)犠牲者の名に、そっと手を置く子 永瀬正敏が撮ったグラウンド・ゼロ

国際的俳優で、写真家としても活躍する永瀬正敏さんが、世界各地でカメラに収めた写真の数々を、エピソードとともに紹介する連載です。つづる思いに光る感性は、二つの顔を持ったアーティストならでは。今回はニューヨークのグラウンド・ゼロ。9.11テロで大勢の方が亡くなった場所で、永瀬さんがカメラを向けたのは――。

(36)犠牲者の名に、そっと手を置く子 永瀬正敏が撮ったグラウンド・ゼロ

©Masatoshi Nagase

テロ犠牲者の名前が刻まれたブロンズの板に、少年がそっと手を置いて振り返っている。視線の先にいるのは、母親だろうか。ご遺族なのか、観光客なのか、ここがどんな場所かをどこまで理解しているのかは、聞いていないからわからない。というよりも、それは聞けない。

二十数年ぶりにニューヨークを訪ねたら、世界貿易センターのツインタワーが立っていた場所は、滝のように水が流れ込む人造の池になっていた。ニューヨークに住んでいた時、毎日目にしていた大きなビルがもうないと信じられず、足を向けた。ない、と自分の目で確認した時の気持ちは、ひとことでは言えない。

ツインタワーが崩壊した時、僕がニューヨークでルームシェアをさせていただいた家のある通りが、粉じんまみれでテレビに映し出された。驚いて彼に電話をしたが、通じなかった。連絡がついたのは数日後。彼はたまたまニューヨークにいなかったことがわかった。

犠牲者の名は、池を囲む欄干に刻まれていた。僕のように写真を撮っている人は大勢いたけれど、それぞれ思いを抱えて来られるからだろうか、厳かな雰囲気だった。忘れない、という意味では、人が来たほうがいいのだろう。でもやはり、この場所への思いは、ひとことでは言えない。

REACTION

LIKE
連載をフォローする

SHARE

  • LINEでシェア

FOR YOU あなたにおすすめの記事

POPULAR 人気記事

※アクセスは過去7日間、LIKE、コメントは過去30日間で集計しています。

RECOMMEND おすすめの記事

&MEMBER限定の機能です

&MEMBERにご登録(無料)いただくと、気に入った記事に共感を示したり、コメントを書いたり、ブックマークしたりできます。こうしたアクションをする度にポイント「&MILE」がたまり、限定イベントやプレゼントの当選確率が上がります。

&MEMBERログイン

ID(メールアドレス)
パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

&MEMBER登録はこちら

&MILEの加算アクション

  • &MEMBER新規登録:100マイル
  • 記事に「LIKE」を押す:10マイル
  • コメントの投稿:30マイル
  • 自分のコメントに「LIKE」がつく:10マイル
  • *今後、以下のアクションも追加していきます

  • 朝日新聞デジタル有料会員の継続:100マイル
  • ログインしてサイト訪問:10マイル
  • アンケート回答:30マイル
  • 「朝日新聞SHOP」での購入:50マイル
  • イベント申し込み:50マイル

&MILEの獲得数に応じてステージがあがり、ステージがあがるごとに
&MEMBER限定のイベントやプレゼントの当選確率が上がります。詳細はこちら